2016年6月 8日 (水)

ノコギリガザミの採集方法

私がここ数年ハマッているのがノコギリガザミ捕りでクワガタのオフシーズン(10月~翌5月まで。)は海に出掛けています。


そこで今回はノコギリガザミ捕りの方法をレクチャーします。


先ずはノコギリガミ自体について少し。
房総半島以南の太平洋側の主に泥底の河口部に生息(地域によっては砂泥底でも生息している。)。
有名なのは静岡県(ドーマン)、高知県(エガニ)、岡山県(ドテキリ)、三重県(ドテヤブリ)沖縄県石垣島(ガーシメカン)等々。
次に実際何処で捕るかですがその前に上記に挙げた有名産地では漁業権の関係で一般人は採集できない又は採集禁止区域が設定されている地域があるので事前の確認が必要になります。
※念の為、無名産地でも県のホームページ等や地域の漁協のホームページ等で採集しても大丈夫か確認しましょう(地域によっては特定の漁具の使用が禁止されています。)。


では本題に入ります。
ポイント探しの基本として頭に入れておかなければならないのは「ノコギリガザミは温暖な気候を好む。」と云う事です。
いくらノコギリガザミの好む泥底の河口部でもその川の原流域の山が積雪の多い地域だと春になっても雪解け水が流れ込むので海水温が上がらず年間の平均水温も低くなり結果としてノコギリガザミの生息数が少なくポイントを発見するのが困難となります。
※ノコギリガザミは食物連鎖の上位種(硬い甲殻に覆われているので一定の大きさに成長するとほぼ無敵状態。)なので他種の蟹と比較すると個体数は少ない。
ノコギリガザミが多く捕れるのは厳冬期(一月と二月)を除く期間に海水温が16℃を下回らない地域です。
この様な地域でしたら通常の状況なら一晩で一杯(一匹)は可食サイズ(雄700g~3000g雌500g~900g)が捕れるでしょう(好状況なら一晩で三~五杯捕れる事もあります。)。
以上の点を踏まえて考えると源流域の地域の積雪が少なく平野部をゆったり流れる河川で下流域、特に河口近くで河川自体が曲がりくねって支流があったり三日月湖を形成している場所が好適(ノコギリガザミは体躯が大きく水の抵抗が大きく掛かるので川や潮の流れをまともに受ける直線的な地形は敬遠する。)。
※リアス式海岸の地域は山が海辺まで迫っていて砂利底の河口が多いですが丹念に探せばピンスポット的な泥底の場所は見つけられる事もあります。
後は上記の地域を夜間に川辺又は海辺をライトで照らしながら歩き回り発見したらタモ網で掬うだけです。


そうは言っても何時も捕れる訳ではないので良い条件を下記に箇条書きにして書き出します。
・月が出ていない夜。この傾向は大型の雄ほど顕著な様です。
・日没から三時間。昼間は巣穴でじっとしていて夜には「おなかペコペコ状態。」だからではと推測(笑)
・干潮から二時間~三時間。上げ潮に乗って楽に浅瀬まで移動できるから。
・小雨が降っている。やはり水中生物なので気圧の影響を受ける。
・水温が前日より上向いている(夏場はこの限りではない。)。


逆にダメな状況は以下の通りです。
・寒冷前線の通過直後。寒いし風も吹くので話にならない。
・前日より水温の下がった日(真夏はこの限りではない。)。
・満月とその前後数日(一週間くらい?)の夜。雌や小柄な雄は活動している事もある。


その他の注意点。
・餌を食べている個体は直ぐには逃げないので慌てるな。ライトに明るさの調整機能があれば弱くする。なければライトを向ける方向を少しずらして強い光が当たらないようにする。
・なにも無い平たんな場所は胴長靴(ウェーダー)を履いて水中を歩行して探索する(蟹も移動中の個体が多く直ぐに逃げ出すので素早い対応が肝要である。)。
・手袋は必ず着用。暖かい海の近くを探索するのでヒョウモンダコに噛まれる危険が僅かにある(タコは基本淡水や汽水を嫌うが絶対に居ない訳では無いマダコは発見したことあり。←美味しく頂きました(笑)。)。


道具
・タモ網はなるべく目の粗いものを使用する(目の細かい網は蟹が認識しやすい。)。
・ウェーダーは場所によって使い分ける。泥底ならラジアル靴底、牡蠣の付いている護岸等を歩く場合はフェルト靴底。
私の場合はタモ網のネット部分は自分で編んでいます。


実際に使用している又は今後使用する予定の道具。
自分は通常は↑の様なヤスのグリップエンドに接続金具を付けて自作のタモ網を接続して使用しています。ノコギリガザミがいなかった場合でも魚を突いて持ち帰って食べます♪



↑の伸縮柄のタモ網とフレームのみの物は今後購入予定。
伸縮柄の方の網はスペックを見る限りでは網目がやや小さいですが多分ノーマル(無改造)でも使用可能かと、自分はフレームのみの物に自分で編んだ網(網目5Cm×5Cm)を取り付けて使用する予定です。



↑のLEDライトは現在使用中の物です。夜の海川の中を照らすのでなるべく明るい方がいいですが獲物が驚いて逃げる事もあるので明るさを調節できる機能のあるものが望ましいです。


↑の物は今後の購入を検討している物。値段が高いのがネック…。


↑はウェーダー(胴長靴)上からカッパの下を履くと牡蠣殻で切って漏水するのを軽減できます。


基本的にノコギリガザミは生息個体数は多くはない種類(地域差はあります。)なので採集に挑戦する方は最初はモクズガニを捕るついでとか魚釣りの合間に探すとかして無理なくチャレンジしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月11日 (木)

2015年のヒメオオクワガタ採集の成果

 

まとめ

昨年のシーズンより47頭上乗せしたものの最大サイズの更新はならず…。
道具的には新規に投入したものは無しでしたがMTBのブレーキをVブレーキからサーボブレーキに付け替えしました。

↑がそのサーボブレーキ
しかし舗装路の下りでは音鳴りがするので次シーズンではローラーブレーキに付け替えます。

   

↑がローラーブレーキが取り付けできるホイールとローラーブレーキ本体。
ブレーキは種類によって取り付け方の異なる物もあるので必要に応じてホイールも交換します。
MTBには通常はVブレーキが装着されていますが雨に若干弱いので安全性を高める為に雨に強いサーボブレーキかローラーブレーキに交換して安全性を高めます。
林道のカーブにはガードレールの無い所も多いのでブレーキに問題が生じた場合は下手すると谷底に真っ逆さまで死に直結しますからね(汗)。
「危険が増えるなら自転車に乗らなければ?」って意見もありそうですが自分の場合は徒歩では下りで膝が痛くなるので「登りは自転車を押しながらルッキング」して「下りは自転車に乗って低速走行でルッキング」って感じで採集しているのです。
また新規ポイント開拓の時にダメな林道に当たってしまっても自転車なら素早く撤退出来て時間短縮にもなります。
近年は地域にもよりますが自動車で入っていける場所ではヒメオオは極々僅かしか採集できない場所が多いですしね。

因みに自分が使用しているMTBは↑の物と同じメーカーの折り畳みタイプのMTBです。

その他の次シーズンに投入予定の新兵器(笑)は↑の磯玉の柄の8.9Mモデルです。
ヒメオオはヤナギの地上数メートルから5メートルくらいの枝に付いていることが多いですが稀に大木のヤナギや他の樹種の高い枝に付いている事もあるのでヒメオオ採集では長い柄は必需品ですね。
逆に藪漕ぎして採集するような場所はコンパクトな小継の柄が便利なのでケースバイケースですが…。
ただヤナギばかりに気を取らていると見逃す個体が増えるのでヒメオオを発見したら周りの木も樹種に拘らず観察しましょう。
場所によってはヤナギよりも他の樹種にヒメオオが多く付く場合もありますからね。

昨シーズンに活躍してくれたのが↑の自作タモと角度調節器。
柄の進入角度やタモ網の角度を調節すれば幹に付いているヒメオオにも対応できます。
これのお陰で落下ロストが激減しました♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年2月11日 (水)

2014年のヒメオオクワガタ採集の成果

昨年のヒメオオクワガタのトータル採集数は159頭でした。

Bxa0i_dciaaywsw1

最大の♂は53mm(現地でプラノギスで測った時は52mm)で50mm台の♂は二ケタ捕れました。サイズこそマイギネスの更新は出来ませんでしたが採集数は倍増で毎年確実に採集レベルが上がっているのが嬉しいです。

昨年新規採用した道具は以下の通りです。

↑は磯タモの柄にヒメオオ専用の捕虫網を取り付けた時に取り付け角度を任意に変更できる器具です。
採集時にタモを構える際はヒメオオの真下に陣取るのが基本ですが急斜面に樹がある場合などは真下に立てないので、この様な器具があると便利です。

Bxevfmcqaar9e81

Bxevgm2ccaawoq71

Bxeydjncmaaekfl1

Bxeyem5caaey5bz1

↑四枚の画像は市販の玉網を改造したヒメオオ採集専用玉網です。
凹部分にラッカースプレーでペイントしてあるのはヒメオオの付いている枝とネットのフレームの位置関係を把握し易くする為です(これでネット外への落下を減らせられます。)。
因みに網の色は緑色が網に落とし易いです(白色は昆虫が認識し易い色なのでヒメオオは警戒して付いている枝にしがみ付いて落ち難くなります。次のシーズンは緑色の網で作り直し。)。

新兵器投入!

色付け

↑最新情報はTwitterにて配信しています(交流も希望する場合はフォローの際に一言下さい。無言フォローの場合はフォロバしても直ぐにミュートします。)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月26日 (水)

オフシーズン企画「日本の危険生物」閲覧注意!

オフシーズン企画「日本の危険生物」グロ画像あり閲覧注意!
※画像をクリックすると別サイトが開きます。

昆虫採集や亀やサンショウウオの野外観察をするのは気分が良い物ですが野外は危険もいっぱいです。
今回はアウトドア活動をする人が知っておくべき危険生物を紹介します。

は危険度ランクを表しています。5段階評価で赤い星が多いほど危険な生物です。

☆☆☆☆☆・オオスズメバチ
野生生物の被害で年間の死者数が最も多い大変危険な生物です。
特に巣に居る群れに襲われると死につながる危険が高いので要注意。
私も巣の存在に気づくのが遅くて刺された事がありますが幸い一匹に刺されただけだったので患部が腫れ上がっただけで済みましたが人によってはアナフィラキシーショックの症状が出る危険がありますので刺された時は直ぐに医師の治療を受けましょう。
オオスズメバチ以外のスズメバチも群れに襲われると危険ですので注意が必要です。

オオスズメバチ - Google Search

☆☆☆☆・マムシ
日本で最もポヒュラーな毒蛇ですね。
毒蛇としては比較的小型で咬まれた時に注入される毒の量が少ないので死に至る事は少ないですが咬まれた場合は直ぐに医師の治療を受けて下さい。
比較的低山地に多い種類ですが高山でも見る事があるので注意が必要です。

マムシ - Google Search

☆☆☆☆☆・ヤマカガシ
近年まで無毒と思われていた蛇です。
毒牙が口内の奥にあるので手足の指を奥までくわえ込まれなければ問題ないので余計なちょっかいを出さなければ安全な種類です。

ヤマカガシ - Google Search

☆☆☆☆・ヒキガエル
目の後ろの丸い部分の毒腺から毒液を分泌するが毒性はそれほど高くない
しかし目などに入ると危険なので触れてしまった場合は水で洗い流す。
皮膚から有毒物質を分泌するのはカエル全般にある事なのでカエルを触ってしまった場合は水で洗い流しましょう。
上の認識は誤りでした。
ヒキガエルの毒はかなり強力で目に入ると失明します。
見かけても下手に近づかない方が無難です。

ヒキガエル - Google Search

☆☆☆☆・ツキノワグマ
秋に餌が摂れないと人里に下りてきますがヒメオオクワガタの採集やハクバサンショウウオの観察が出来る高い山だと1シーズンに数回は遭遇します。
子連れの母熊は危険ですが、それ以外は特に害はないので近づき過ぎないように注意しましょう。
熊鈴などで予めこちらの存在をアピールするのが良策です。

ツキノワグマ - Google Search

☆☆☆☆・イノシシ
こちらも子連れの母親が怖い動物です。
若い個体はそれほど危険はありませんが大型個体ほど気が荒い傾向があるので出会ってしまった場合は相手に気づかれる前にその場から静かに離れましょう。

イノシシ - Google Search

☆☆☆☆☆・ニホンザル
引っ掻かれたり噛まれたりする事があるので見かけても無闇に近づかない。

ニホンザル - Google Search

☆☆☆☆☆・ヤマビル
川に住む「チスイヒル」とは別の種類で低山地の湿気の多い陸上に生息。
噛まれても痛みは無いが出血がなかなか止まらないので厄介です。
血が止まった後に痒みが長期間続くことがあります。

ヤマビル - Google Search

☆☆☆☆☆・ムカデ
噛まれると激しい痛みに襲われます。
クワガタ採集で樹の穴などに隠れている事がよくありますし夜間は樹液を吸っていたり木の上を歩いていることも多いので注意。
向こうから噛みつく事は無いが気づかずに触れてしまい咬まれる事がある。

ムカデ - Google Search

☆☆☆☆☆・マダニ
SFTSウイルスの体内の侵入による重症熱性血小板減少症候群を引き起こす事があり近年問題になっている生物です。
その他にもライム病などの様々な病気を媒介するので要注意です。
特に昆虫採集をしていて咬まれる事が多いので昆虫採集の時は肌の露出を少なくして虫よけスプレーなどを利用しましょう。

マダニ - Google Search

☆☆☆☆☆・ツツガムシ
肉眼では殆ど見えないので厄介な生物です。
生息地を探索した後は八時間以内に入浴して全身を石鹸やシャンプーで洗い流しましょう。
八時間以内であれば病原菌が体内に侵入する事は殆どありません。

ツツガムシ - Google Search

☆☆☆☆☆・アカウシアブ
吸血性の虫で夏場の朝夕の涼しい時間が危険です。
刺し虫全般に言える事ですが生息地を探索する場合は肌の露出を極力少なくしましょう。

アカウシアブ - Google Search

☆☆☆☆☆・ブユ
沢の近くなど水気の多い場所に生息しています。
人によっては刺されると腫れ上がって酷い痒みも伴うそうなので要注意です。
刺し虫全般に言える事ですが生息地を探索する場合は肌の露出を極力少なくしましょう。

ブユ - Google Search

  

☆☆☆☆☆・マメハンミョウ
この甲虫の体液には猛毒のカンタリジンが含まれていますので触ったり下手に潰したりしてはいけません。
見つけても放置しましょう。

マメハンミョウ - Google Search

☆☆☆☆☆・アオカミキリモドキ
この虫の体液にも猛毒のカンタリジンが含まれていますので触ったり下手に潰したりしてはいけません。
見つけても放置しましょう。

アオカミキリモドキ - Google Search

☆☆☆☆☆・アオバネアリガタハネカクシ
この虫の体液には猛毒のペデリンが含まれていますので触ったり下手に潰したりしてはいけません。
見つけても放置しましょう。

アオバネアリガタハネカクシ - Google Search

☆☆☆☆☆・マルクビツチハンミョウ
この虫の体液にも猛毒のカンタリジンが含まれていますので触ったり下手に潰したりしてはいけません。
見つけても放置しましょう。

マルクビツチハンミョウ - Google Search

☆☆☆☆・イラガ
卵と幼虫が有毒です。刺されると物凄く痛いです。
刺し虫全般に言える事ですが生息地を探索する場合は肌の露出を極力少なくしましょう。

イラガ - Google Search

☆☆☆☆・カレハガ
幼虫と繭に毒があるそうです。
刺し虫全般に言える事ですが生息地を探索する場合は肌の露出を極力少なくしましょう。

カレハガ - Google Search

☆☆☆☆・ドクガ
2齢以降の幼虫に毒毛針があるが繭や成虫にも幼虫時代の毒針が付着していて被害にあうことがあるそうなので要注意。
刺し虫全般に言える事ですが生息地を探索する場合は肌の露出を極力少なくしましょう。

ドクガ - Google Search

以上が代表的な危険生物ですが蛾や蝶の仲間は特に有毒種が多いので知らない種類は無闇に触らないようにしましょう。

↓はポイズンリムーバーと言って蛇や蜂などの毒を吸い出す器具です。エクストラクターは特に吸引力が強いのでお勧めです。

↓はマダニに喰い付かれた時にマダニを取り外す器具です。マダニの爪にはカエシが付いていて下手に手で引き抜こうとすると爪が体内に残って病原菌が入りやすくなるので専用の器具を使用する事をお勧めします。

↓害虫と言えばこの漫画アウトドア派も必見です!!

サイカチの主人公の真夏少年の師匠の榎稲穂が主人公になり昆虫や蟲にまつわる難事件を解決!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年2月 8日 (土)

WindowsXPのサポート終了まであと二ヶ月!WindowsXPを使い続ける?Windows Vista/Windows7/Windows8/Windows8.1へ乗り換え?

WindowsXPのサポート終了まであと二ヶ月です。
あなたはWindowsXPを使い続ける?それともWindows Vista/Windows7/Windows8/Windows8.1のいずれかへ乗り換え?

私は乗り換えをお勧めしますがまだ迷っている方も多いのではないでしょうか?
乗り換えを勧める理由としては下記の様になります。

セキュリティーホールが塞がれないのでウィルスに感染しやすくなる(ウィルス対策ソフトにはセキュリティホールを塞ぐ機能はありません。)。

ウイルス感染だけでなくクラッカーがサイバー攻撃をする際の踏み台にされる可能性が高くなる。

XPはインターネットエクスプローラーがバージョン8までしか使えない(今は見れても、いずれは見られなくなるwebサイトが出てくる。)。

警察庁も警告を出している。

平成26年4月のサポート終了後にWindows XPを使用することの危険性

それでもまだ疑問の残る方は↓の本を読んでみてはどうでしょうか?


ただ事情があって四月までにXP以外のPC環境に移行できない人も居ると思います。
そんな人は↓の本をお勧め。


XPを使えるのは長くても一年から二年くらいが大方の意見ですし使い続けるのは自己責任です。なるべく早くXP以降のOSか無料OSに乗り換えましょう。

補足情報? サポートの打ち切りに対してメーカーが悪いような事を云う人がいますが家電製品も「販売終了後の修理用の部品をメーカーが保有する期間は5〜10年程度。」です。 販売終了後の延長サポート期間が五年間と云うのは私は短いとは思いませんけどね。

それから別に私はマイクロソフトなんて好きじゃないんだからね他に使いたいと思うOSが無いだけなんだからね。

まぁ真面目な話、今まではウィンドウズが強すぎて他に食指の動くものが出て来なかったからなんですがタブレットPCやスマホが出てきて状況は変わってきているので、この先どうなるかは不透明です…苦笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月29日 (水)

パソコンのセキュリティ対策について。あなたは大丈夫?最悪の場合クラッカーに踏み台にされて誤認逮捕って事もあり得ますよ。

最近まだWindowsXPを使用している家族に「何時ごろPCを乗り換えるの?」と聞いたのですが回答は次の通りでした。「XPのままでも大丈夫だよ。」だって…をい…。
いやはや呆れました。よく聞くとWindows Updateも最近していないらしい…この分だとセキュリティソフトも更新していないな…。
件の家族には「XPのサポートが終わる前にPCを買い替える様に。」と言って後日どうするのか聞いたら現在のデスクトップPCからノートPCに買い替えると言ってましたがちゃんとセキュリティ対策するか疑わしいのでファイヤーウォール機能付きのルーターを導入しようと思います。
まぁセキュリティソフトで強化してあるとはいえ仮想ファイヤーウォール(Windows ファイアウォール)と比べたら強固な物理ファイヤーウォールを設置するのだから自身のPCもセキュリティが強化されて良いのですが…。

しかし、これはこれで自分のPCのセキュリティ対策を見直すきっかけになったので良かったかも。
現在の対策としては下記の様な感じですが…。

セキュリティソフトの導入(常に最新の状態を維持。)
メールはwebメールを使用。PCのメールソフトは使用しない。
ネット通販でクレジットカードを使用しない。通常はプリペイド式の電子マネーか使い切りの番号を発行するクレジットサービスを利用します。
給料受け取りをする銀行口座はネットバンキングは利用しない。
フリーソフトのインストール時に余計なソフトやアドウェアが入らない様にする。

今後はファイヤーウォール機能付きルーターとパスワード管理ツールの導入を予定しています。
後はWindowsXPのサポートが切れる4/9は日付が変わる前にネット接続機器の電源を抜いておいて大事が起きないか様子見ですね。

セキュリティに関する情報は下記のサイトを定期的に巡回。
※最近はアングラ系サイトじゃなくて普通の企業のサイトを見ても危ないので情報収集はマメにしましょう。

ASCII.jpマカフィー

マイナビニュース/パソコン/セキュリティ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月20日 (月)

WindowsXp 32bit(ウィンドウズXP 32ビット)からWindows8.1 64bit(ウィンドウズ8.1 64ビット)へアップグレードする方法。「低予算でWindowsXpパソコンを乗り換え。」「WindowsXpサポート終了問題への対策。」

今回は私にしては珍しくパソコン関連の記事を…。
巷ではWindowsXpサポート終了と云う事でいろいろ話題になっていますが私自身は昨年の頭にWindows8の優待版を購入&インストールして対策終了となったのですがWindows8.1へのアップグレードは今年に入るまで様子見していました。
で、いざアップグレードと行こうとした訳ですがどうせなら現状32bit版なのを64bit版に変更できないかと試行錯誤したのです(通常32bitOSから64bitOSへのアップグレードは不可です。)。
結果から言うと32bit版WindowsXpを64bit版Windows8.1へアップグレードする事は可能です。では順を追って説明して行きます(この方法はPC本体が64bitOSに対応している必要があります。格安で64bitOSに対応したPCを入手する方法も後ほど解説します。)。

本題に入る前に「WindowsXpサポート終了問題への対策。」がなぜ必要なのかのおさらいです。
簡単に言うとマイクロソフトのサポートが終了するとOS自体の欠陥が新たに発見されても修正ファイルなどの配布が行われないので「webを閲覧しただけでウィルスに感染する。」等の不具合が出る為です。
場合によっては遠隔操作でサイバー犯罪に巻き込まれるリスクも…。
そこで私は「低予算でWindowsXpパソコンを乗り換え。」する方法を検討した訳ですが私の場合はPCが自作機(パーツを自分の好みで 組み合わせる組立パソコン。)で四~五年前にハイビジョン対応仕様に組み直ししていてWindows8をインストールするのに十分なスペックを有していた のでアップグレード版を購入してWindows8にアップグレードしました。
※故にマザーボードが比較的新しいモデルでデバイスドラバーの更新も必要ありませんでした(古いPCだとドライバーが7や8に対応しておらず、最悪の場合には画像、音声、インターネット接続、プリンターとの通信等々が出来ない場合があるので事前にドライバーの準備が必要になる場合があります。)。

※いくらPCやPCのOSを新しくしてもセキュリティ意識が低くては意味がありません。新しいPC環境への移行後もセキュリティ対策は万全に!!
セキュリティに関する情報は下記のサイト等を定期的に巡回。※最近はアングラ系サイトじゃなくて普通の企業のサイトを見ても危ないので情報収集はマメにしましょう。

ASCII.jpマカフィー

マイナビニュース/パソコン/セキュリティ

ここからが本題の「WindowsXp(32bit)からWindows8.1(64bit)へアップグレードする方法。」ですが、このブログに記載した方法を実践して万が一不具合や損害が発生してもブログ管理者の水夢は感知致しませんので、それをご理解の上でアップグレードを行って下さい。
では実際の方法ですが私の場合はWindowsXp(32bit)→Windows8(32bit)→Windows8.1(64bit)の順でアップグレードしましたので順を追って説明します。
※WindowsXp(32bit)→Windows8.1(64bit)のアップグレード方法は後ほど解説します。

「その一。」自作PCWindowsXp(32bit)→Windows8(32bit)→Windows8.1(64bit)のインストール手順。

工程一、PCのスペックの確認
次のサイトのWindows 8.1 へのアップデート: FAQ 「Windows 8アップグレード アシスタント」からツールをダウンロードして使用しているPCでWindows8が動作可能か確認します。
Windows7が発売された2009年以前のメーカー製の低から中スペックのパソコンではまず動作しません(この場合の対策は後述します。)。
■動作確認がクリアできても快適に動作すると云う事ではありません。
■目安としてはCPUはインテルCoreシリーズを搭載している事、メモリは4GB以上搭載(できれば8GBあると安心ですね。古いPCだと増設できる限界値が低く、このことがネックになってきます。)。

上記のメモリの件は64bit版OSをインストールする場合ですので32bit版OSをインストールする場合は上限の4GBまでで十分です。
参考サイト
Windows 8 のシステム要件

工程二、Windows8.1(64bit)評価版のダウンロード
PCのスペックに問題が無ければ次のサイト評価版のダウンロード:  Windows 8.1 Enterprise から90日評価版のダウンロード。
「Windows 8.1 Enterprise ISO 64ビット」をダウンロードする( Microsoft アカウントが必要です。誰でも簡単に入手できます。)。

工程三、ダウンロードした「Windows 8.1 Enterprise ISO 64ビット」をDVD-Rに焼く。

工程四、Windows 8.1 Enterprise 64ビットをインストールするPCのSSD又はHDDをフォーマット(初期化)する。
Windows 8.1 Enterprise 64ビットをインストールするPCのSSD又はHDDを別のPCに繋いでフォーマット(この場合はWindowsXp(32bit)又はWindows 8(32bit)をインストールしてあるPCのSSD又はHDDです。)
※フォーマットの前にデジカメの画像などの個人ファイルなどは外付けHDDや光学メディア等に退避させてください。
※パソコンが一台しかない場合はフォーマットは次の工程のOSインストール時に行って下さい。

工程五、DVD-Rに焼いたWindows 8.1 Enterprise 64ビットのインストールディスクでWindows 8.1 Enterprise 64ビットをインストール

工程六、コントロールパネル→システムとセキュリティ→システムとエクスプローラーのウィンドウを開いて行って「システムの種類 : 64 ビット オペレーティング システム、x64 ベース プロセッサ」と表示されている事を確認。
※64ビットじゃないと次の工程に進めません。

工程七、Windows8のプロダクトキーを入手。
今なら一番安い入手方法はヤフオクで信用の出来る出品者から正規のプロダクトキーを購入する事ですね(この記事を書いている時点では千円以下での落札も可能なようです。)。
どうもプロダクトキーを偽造できる様です。中には正規品の出品もあるかもしれませんが見抜くにはそれなりの知識が必要です。

更に調べましたが殆どの出品が詐欺のようです。
もしも買ってしまった人がいましたら出品者に返金要求して下さい(悪い評価を付ければすぐに返金に応じるらしいです。)。
※場合によっては違法行為として落札者自身の手が後ろに回る事態もありますのでご注意を。
※※ヤフオク等で廃棄されたWindows 7搭載のDELL製のパソコンの再インストールディスクが販売されていますが、これを使ってDELL製Windows XP搭載パソコンにWindows 7をインストールする行為はライセンス違反行為となりますのでご注意ください(不具合が多々起こる場合もあるのでお金と時間の無駄になりますしね。)。


↑購入当時は期間限定で4,980円だったアップグレード版。
メディアがゴミになりますがPro版が欲しいなら上のアップグレード版を購入するのが割安ですがProでなくても良いなら下の8.1のDSP版を購入してクリーンインストールした方がDVDを焼く必要もないので手っ取り早いかも…。

工程八、Windows8.1(64bit)のダウンロードツールをダウンロード
まずWindows 8.1 Enterprise 64ビットをインストールしたPCでプロダクト キーのみを使用して Windows をアップグレードする の「Windows 8 のインストール」から「Windows8-Setup.exe」「Windows 8.1 のインストール」から「WindowsSetupBox.exe」をそれぞれダウンロード。

工程九、Windows8.1(64bit)のISOファイルをダウンロード
まずはWindows8-Setup.exe を起動。プロダクトキーを入力して Windows8のISOをダウンロード。ダウンロードが始まったらダイアログの右上の×をクリックしてダウンロードを中断する。
次にWindowsSetupBox.exe を起動すれば、前に入れたプロダクトキーが有効なのでWindows8.1のISOがダウンロードできます。
※32bitか64bitかの選択は自動判別なので64bit版をダウンロードするには64bit版OS搭載PCが必要なのです。

工程十、「C:\ESD\Windows\sources\」フォルダにファイル「ei.cfg」 を作成する。
エクスプローラーでC:\ESD\Windows\sources\を開いてテキストファイルを新規製作します(内容は下記の五行。)。

[EditionID]
[Channel]
Retail
[VL]
0

ei.cfgと名前を付けて保存します。
※上の作業はファイルの拡張子を可視可能状態に設定してから行ってください。C:ESDも隠しフォルダを表示する設定にしないと見れません。

工程十一、ブートディスクの作成
DVDドライブに生のDVD-Rを挿入。デスクトップに出来ているショートカット「Windowsのインストール」をダブルクリックしてブート用のDVDを焼きます。
※八から十一の工程は色々な人がブログ等で解説していますので検索してみると参考になるかも(検索キーワード→ windows 8アップグレード版クリーンインストール)。

工程十二、Windows8.1(64bit)のインストール
Windows8.1(64bit)をインストールするPCのSSD又はHDDを別のPCに繋いでフォーマット(この場合はWindows 8.1 Enterprise 64ビットをインストールしたPCのSSD又はHDDです。)
※パソコンが一台しかない場合はフォーマットはOSインストール時に行って下さい。
その後にWindows8.1(64bit)をインストール。

以上で自作PCWindowsXp(32bit)→Windows8(32bit)→Windows8.1(64bit)のアップグレードは完了です。

「その二。」WindowsXp(32bit)→Windows8.1(64bit)のアップグレード方法。
「その一。」の工程一、でイキナリ躓いてしまった場合。
通常のデスクトップパソコンなら「キーボード、マウス、光学ドライブ」以外を自作PC用のパーツと入れ替えして「ほぼ自作パソコン」にするか(モニターもPC入力の有る地デジTVで代用可能です。TV側の接続端子はHDMIの場合がほとんどなのでPC側もHDMI出力がある事が前提になります。)「OSとモニター無し。の格安パソコン。」を買ってWindows8.1(64bit)をインストールすると云うのが良策かと思います。

「ほぼ自作パソコン」の場合。
自作パソコンを組み立てられる知識が必要。※作業自体は簡単です。
まずは「その一。」の工程二と工程三を実行。
PCケースとマザーボードを選択。選択したPCケースとマザーボードのタイプに合った「電源、CPU、メモリ、グラフィックボード(グラフィック機能付きのマザーボードを選択した場合は必要なし。)」プラス「SSD、HDD」を購入して組み立てる。
組立が終わったら「その一。」の工程四から工程十二を行えばOKです。


パーツのアマゾンのリンクは適当ですので参考程度に…。
※大事なデータはすぐに光学メディアに移すとか大きなファイルを扱わないならHDDは無しでも良いと思います。

「OSとモニター無し。の格安パソコン。」を購入した場合。
まずは「その一。」の工程二と工程三を実行。
次にPCとモニター(PC入力付の地デジTVでも可。TV側の接続端子はHDMIの場合がほとんどなのでPC側もHDMI出力がある事が前提になります。)を繋ぎDVDドライブ等の光学ドライブを古いPCから移植して「その一。」の工程四から工程十二を行えばOKです。
※通販で格安PCを購入する場合は信用できる店か評判を検索などで確認してからにしましょう(64bitのOSがインストール可能かの確認も一応した方が良いと思います。)。
※※モニター、OS無しで三万円台からありますがお勧めは四万円前後ですね(必要に応じて光学ドライブ等を追加取り付けして貰うのも良いと思います。)。

インストールが完了したら下記のサイトを参考にしてみて下さい。

Windows 8.1 鉄板ガイド~変更点とTips

■関連記事■

パソコンのセキュリティ対策について。あなたは大丈夫?最悪の場合クラッカーに踏み台にされて誤認逮捕って事もあり得ますよ。

WindowsXPのサポート終了まであと二ヶ月!WindowsXPを使い続ける?Windows Vista/Windows7/Windows8/Windows8.1へ乗り換え?

■関連書籍■

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月14日 (土)

けいおん!トレーディングkyoaniコレクション全弾フルコンプを楽天オークションにて出品中です。

けいおん!トレーディングkyoaniコレクション全弾フルコンプを楽天オークションにて出品中です。
「けいおん!トレーディングkyoaniコレクション」全弾フルコンプリート。

年内のみの出品ですのでこの機会をお見逃しなく!!
入札がない場合はまた来年の末に出品します。

「けいおん!トレーディングkyoaniコレクション」全弾(1弾~10弾+プレミアムのスペシャル込み。)フルコンプリート達成!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月14日 (月)

2013年採集行で役にたったアイテムランキング

2013年採集行で役にたったアイテムランキング

このシーズンは新たに導入したクワガタ採集用アイテムが多かったので過去に購入したアイテムと合わせてランキング付けしてみましたのでご自身のクワガタ採集アイテム購入の参考にしてみて下さい。

一位

↑これは水の携帯用簡易ろ過装置です。夏場の採集では飲料水も結構消費しますので、これで沢の水をろ過して飲めば結構飲料代を節約できますし、なにより沢の水は美味いですからね。特にブナ帯の沢の水は絶品ですよ!

二位

↑車中泊の必需品の寝袋。真夏は毛布で事足りますが梅雨期や晩夏以降は高い山やその周辺では朝晩は寒いくらいなので夏風邪防止など体調管理の為にも用意してあると良いですよ。

三位

↑スマホ時代の必需品モバイルバッテリー。採集に行く時は通常はシガーソケットから充電しますが長期遠征で車中泊する時などは自動車のエンジンを停止する事も多いので、そんな場合にあると便利なアイテムですね。

四位

↑クワガタ採集の必需品LEDライト。一本だけ携行するなら汎用タイプのコレですね。

五位

↑クワガタ採集の必需品LEDライト。夜間の樹液採集で樹の幹を照らしたり、街灯採集で地面や灯りの周辺を照らす場合には、このタイプが良いです。※以前は同じ明るさで電池を三本使うタイプを使用していましたが電池の交換時に半端がでて具合が良くないので、この電池二本を使用するタイプを採用しました。

六位

↑電池スペーサー。単三乾電池を単二乾電池を使用する機器で利用するアイテムです。LEDライトのアルカリ電池をコレで単三から単二に変換して使用すればライトの重量を軽くできて腕の負担を軽減できます。

七位

↑意外と研究されていないクワカブを科学的に見た本です。採集の役にたつ内容もありますので是非ご一読を!

八位

↑スマホ用ケース。アイホーン用のは沢山出ているので良いのですがアンドロイド用は少ないのでアウトドアで使うとなると中々…取り敢えず今はコレを使っていますが5インチ画面のスマホにはやや小さいです。

九位

↑耳栓。道の駅などで車中泊する時に必要ですが私はゴム製のスパイラルタイプの方が合っていますね。スパイラルタイプが苦手な人は試してみてもいいかも?

十位

↑コンパクトタイプのエアーベッド。自動車で寝る際に底面が完全に平らにならない場合に敷くと良いですが腰痛持ちの私には合いませんでした。腰痛持ちでなければ問題なく使える良アイテムだと思います。

次のシーズンで導入したいのは折り畳み式のマウンテンバイクです。自動車で入れない林道の攻略に使います!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年10月11日 (金)

2013年採集行九月報告

2013年採集行九月報告です。

今年の九月はヒメオオが良く捕れました。

003_2

上の画像は今年最大の♂53mmです。50mm台の♂はこの他に四頭、トータル採集数は♂と♀を合わせて67頭でした。

昨年がシーズントータルで十数頭ですから大幅な躍進です。

Dsc_0015

上の画像は25日の採集成果でリリースする前に撮りました。※ツイートするのを忘れて翌日にキープ個体の画像を添付してツイートするという体たらく…。

Dsc_0018

上の画像は10月3日の成果で今年最後に採集したヒメオオ達です。

Twitterでツイートした日以外にも採集には行きましたが数サイズともに平凡な成果の日はツイートしていません。

以下はTwitterからの引用になります。

水夢のTwitterアカウント

※Twitterでつぶやいた日時です(電波の入らない地域でのツイートの時間にはタイムラグが生じます。)。

 ↓ この嵐の中でもなんとかヒメオオを1ペア採集!流石にこれ以上はヤバそうなので下山します。岐阜県T市にて。

Large1

 ↓ 遠征二日目の主な成果。ヒメオオ♂15頭♀6頭♂の最大個体は52.5mmです。1日で採集数が20を越えたのは初めてです。東北や北海道なら普通でしょうけど中部地方でこれは大漁と言えますね♪画像は♂を大きい順に五頭キープ

Large1_2

 ↓ 昨日の成果!♂最大個が53mmの50mm台四頭を含む♂14♀6でした。

Large1_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 2日 (月)

2013年採集行七月と八月の中間報告

2013年採集行七月と八月の中間報告です。

七月と八月も山地の樹液の出が悪かったですね。ミヤマは街灯では獲れたから問題なかったですがスジが全くダメでネブトも例年と比較してかなり少ないです。

以下はTwitterでのツイートの転載です。※電波の入らない地域でのツイートの時間にはタイムラグが生じます。)。

水夢のTwitterアカウント

2013年7月1日 - 5:09

 ↓ 本日の街灯&樹液採集の中間報告。ミヤマクワガタが大漁でした。今の所の最大個体は66mm!岐阜県のY町にて。

Bocj1gqcmaekvh11

2013年7月3日 - 4:16

 ↓ 今日は途中で雨が降り出したので早めに終了。数は少なかったもののミヤマクワガタは今年最大の68mmが捕れました!岐阜県のY町にて。

Bomq_twcuae0y6n1

2013年7月9日 - 10:38

 ↓ 林道でカモシカに遭遇!

Boshwdccaan50u1_2


2013年7月9日 - 11:55

 ↓  ♀も同じ木に付いていたのですがネットイン直後にネットから這い出して地面に落下してそのままロスト...

Boszas8cuaanb3s1

2013年7月10日 - 15:35

 ↓ 遠征の二日目は新規ポイントの開拓をしましたが成果はアカアシクワガタのみ...。

Boyvbcscaaaxlyk1

2013年7月11日 - 9:26

 ↓ 遠征三日目の朝の成果!ヒメオオが1♂2♀やはりシーズン序盤では二桁成果は期待出来ないですね。

Bo2kmwfcaaedvo81

2013年7月24日 - 5:06

 ↓ 本日の成果!ミヤマクワガタ72.5mm!自己最大を0.5mmだけ更新しました!しかし今年は樹液の出が本当に悪いですね…街灯採集でしか良い成果が出ません...。

Bp4lvd_ceaap9lo1

2013年7月26日 - 12:10

 ↓ 今朝の成果...ヒメオオが採集できたけどチビ♂のみ。岐阜県T市にて。

Bqez1mfccaa3o_v1

2013年7月29日 - 10:28

 ↓ 昨夜の街灯採集の成果!コクワ53mm岐阜県S村にて。しかしコクワと言えども50mmを超えてくると迫力がありますね

Bqtfc6ccqaasap1

2013年7月30日 - 17:02

 ↓ 本日の成果!ヒメオオ2♂1♀ミヤマ70.5mm!今日は満足の行く成果でした。

Bqaddolciaaxphe1

2013年8月28日 - 8:54

 ↓ 昨夜から今朝の獲物!ヤマトタマムシ。日中に活動する虫なので街灯採集で捕れるのは珍しいですね。まぁ♀は蟻に集られていたので死にそうですが...しかし8月は獲物が少ないし大きい個体も採れず書くことなし...これが最初で最後のツイートか?

Bstpildcyaaased1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 4日 (木)

2013年採集行六月中間報告

2013年採集行六月中間報告です。

今年は冬の厳冬か或は春の少雨の影響なのか山地の樹液の出が悪いですね。六月は例年よりミヤマが獲れずでしたし七月に入ってミヤマが多数獲れだしてからも街灯採集での成果は良好なものの樹液採集はイマイチです。

2013年6月3日 - 1:33※Twitterでつぶやいた日時です(電波の入らない地域でのツイートの時間にはタイムラグが生じます。)。

 ↓ 今年、初の街灯採集の成果!岐阜県南Y町にて。ミヤマが本命だったんだけどまだ少し早かったみたいです(獲物はコクワ♀。)。

水夢のTwitterアカウント

Blxl6iacqaa1cfw1

2013年6月3日 - 2:00

 ↓ 今年、初の樹液採集の成果!岐阜県Y町にて。コクワ2♂ヒラタ1♀。

Large1_2

2013年6月5日 - 4:34

 ↓ 本日の樹液採集の成果!ヒラタ3♂1♀。♂のサイズが極小なのが残念。撮影後にリリースしました。岐阜県Y町にて。

Large1_3


2013年6月13日 - 10:48

 ↓ ヒメオオの♀を採集しました!岐阜県T市とH市の近郊にて。

Large1

2013年6月19日 - 2:32

↓ 今年の初のミヤマとアカアシ!岐阜県Y町にて。

Large1_4

2013年6月19日 - 3:20

 ↓ 今年の初のノコギリクワガタ!岐阜県Y町にて。

Large1_5

2013年6月24日 - 18:25

 ↓ 今年の初のヒメオオクワガタの♂極小だけど...。直ぐにリリースしました。岐阜県T市にて。

Large1_6

2013年6月24日 - 18:26

 ↓ ヒメオオクワガタの♂48mm!コイツはお持ち帰り(^_^)しかしタイムラグが酷い...。

Large1_7

2013年6月25日 - 14:27

 ↓ 遠征二日目の成果!ヒメオオが46mmミヤマが64mmミヤマはヒメオオと同じ標高で採れたためか大顎の形が里型ではなく基本型でした。

Large1_8

2013年6月28日 - 0:29

 ↓ 今日の前半戦の成果!ヒラタ2ペア、ノコギリ1♂その他多数。愛知県I市にて。

Large1_9

2013年6月28日 - 7:36

 ↓ 本日の後半戦の主な成果!アカアシとノコギリが多数採集できました。しかし街灯採集はそこそこ捕れるものの山地の樹液は出が悪いし、ミヤマは街灯でも数が少な目で例年と勝手が違いますね。岐阜県Y町にて。

Large1_10


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年6月11日 (火)

Twitter 始めました。

Twitter 始めました。

最新の生の採集情報をお届けしますのでご期待ください。

ここ最近ですとヒラタクワガタがぽつぽつ獲れ始めました。

Cm130610054953


先週は山地では小型個体しか獲れませんでしたが今週になって河川敷で良い型の中型ヒラタ(上の画像は洞に入っている時に撮影しました。)を見つけたのですが洞から取り出した後に茂みに落として行方不明に…。

注意。流石に具体的な採集ポイントはツイート出来ませんのでどの辺りでどの種類が獲れ始めたとかの情報をリアルタイムで配信します(但し電波の入らない場所ではタイムラグが生じる場合もあります。)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月24日 (金)

「家電探偵は静かに嗤う。」三巻発売中!

「家電探偵は静かに嗤う。」三巻発売中です!




チャンピオンRED最新号には「家電探偵は静かに嗤う。」の最終回も掲載されています。
原作者の藤見先生は現在次回作のプロットを製作中です(直撃藤見軒)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 6日 (月)

角川Twitter小説コンテスト「湾岸ガーディアンズ」メカ設定

作品タイトル「湾岸ガーディアンズ」にて角川Twitter小説コンテストに参加しています。

一応、作品は「ロボット物」なのでキャラ設定、世界設定、メカ設定の解説を不定期にではありますが行って行こうと思います。

第三回はメカ設定です。

このブログのコンテンツ(カテゴリーや各記事。)を見て貰えば納得だと思いますがロボット(汎用人間力増幅装置)の外観は味方側は昆虫(特にクワガタ)をモチーフにしています。※イメージだけで設定画の作成等はしていません。
因みに敵側のロボットの外観のモチーフは海生生物です。

人型(汎用人間力増幅装置)その他の特徴は以下の通りです。

大きさによってクラス分けされている。

Sタイプが人が着込むパワードスーツタイプ
Mタイプが体高四メートル程度で機体の胸肩背中の部分にシートを設置して人が乗り込んで操縦するタイプ(パイロットは人に肩車される様な状態で搭乗する)
Lタイプが体高八メートル程度で腹部の操縦席に搭乗して操縦するタイプ。

以上の三種類に大別される。

一番普及しているのは作業用でガーディアンズやテロリストは作業用の機体を戦闘用にカスタマイズして使用している。
作業用と戦闘用の違いは装甲材質と武装にあり、以下の様な違いがある。※戦闘用の中には盾と武装を施しただけの簡易戦闘用も存在する。

装甲材質
作業用→FRP(GRP=ガラス繊維系)
戦闘用→炭素繊維強化炭素複合材料(当然現代の物より進化した物になっています。)

武装
作業用→鉄パイプ、スコップ、ツルハシ、等の手持ち武器
戦闘用→警丈(杖術に使われる杖を強化した物。)サスマタ、槍、銃器(弾はゴム弾等の殺傷力の低い物。)等。テロリストは実弾を装填した銃火器も使用する。

人型に搭載されているOS

人型用のOSはアトラスOSと言い主人公の羽切力の養父が設計し広く一般に普及しているが他にも数種類存在する。
力の使用する人型のOSはハーキュリーOSと言いアトラスOSのプロトタイプのOSをアップグレードした物になりアトラスOSのインターフェイスがナノケーブルによる神経接続コントーロールなのに対してハーキュリーOSは脳波コントロールにより動作する。
この為、M、L各タイプでは、それぞれのOSで機体の反応速度が違ってくるがSタイプに限っては人の動きを直接再現して動作しせず外骨格を動作させる状態で稼働する為の変換処理が必要であり。
ハーキュリーOSはシステム上この処理がアトラスOSより遅く結果的に機体の追従速度には大きな差は無くなってしまう。

ハーキュリーOSの特異性。

元々は義肢のコントロール用OSとして開発されていたが後述する事情による資金不足で開発が中断。
資金不足の原因はIPS細胞技術の応用と遺伝子治療の進化に伴い外傷や遺伝病による身体の欠損に対する義肢の需要が減少する見通しが出てきたために出資者が融資を凍結した為である。
この為、力の養父は仕方なく、このOSを人型ロボットの遠隔作業用OSとして再設計するが直接操縦への対応や拡張性が受けて大ヒットする。
力の養父はこの利益による資金でハーキュリーOSを当初の目標以上の物として完成させるが、ある事故により行方不明になってしまう。
ハーキュリーOSはその後は力の自宅に保管されたまま忘れらていたが、ある時、とあるガーディアンズの整備員が力からハーキュリーOSの事を聞き試しに力の機体にインストールしてみる事となるがアトラスOSであれば機体の記憶領域に相当余裕のある筈がハーキュリーOSをインストールしてみた所、空き領域に殆ど余裕ができず相当量の隠し機能があることが判明して現在まで力は自機にハーキュリーOSをインストールしたままにしている。
劇中でマイクロ波を電気に変換する装置を二台積んでいたのもアトラスOSでは一台の搭載がデフォルトで二台目は予備なのに対してハーキュリーOSでは二台同時使用がデフルトになっていためである。
※アトラスOSの機体ではマイクロ波の変換装置は一台積んでいれば問題なく機能できるがハーキュリーOS搭載機はナノマシンの使用方法が多岐に渡る上にそれぞれ同時使用可能な設計なので二台使用がデフォルトなのだ(最大二台追加可能なのでクアッドジェネレーター化も可能である(笑)。
その他の特徴としては拡張性は皆無の為、火器管制等はハードウェア、ソフトウェアともに外付けになってしまう。

ステルス船

テロ組織グリーンアースの使用した母船や人型用水上バイクはソナーやレーダーに掛かり難い様にステルス処理が施されています。
更に人型用水上バイクには船首に当たる部分に水門破壊用に衝角を備え水門をこじ開けた後に指向性爆薬によって水門を完全破壊する。
※衝角とは古代の海戦において船の船首に取り付けて体当たりして敵船の船体を破壊する為の装置である。

輸送ヘリ

ガーディアンズでは緊急時の人型の輸送には輸送ヘリを使用するが事前に予定されている警備等の任務で移動する場合は車両を使用する。

どうも専用サイトの「あらすじ」は改行ができない仕様の様なので以下に「あらすじ」を載せておきます。

 二十一世紀の中ごろ世界の平均海面は二十世紀と比べて一メートル上昇し。数億人の人々が生活圏を奪われ難民と化してしまう。
 難民の中でも宗教や民族的な対立などから国内移住が出来ず海外移住を余儀なくされた人々は特に生活が苦しく多くの無法者を生み出す。
 こうした無法者の中にはテロリズムに走る者も現れ、そうしたテロリストは地球温暖化を加速させた先進国をターゲットとし、日本でも活動し始める。
 この様な事態に対応する為に日本政府はテロリストに関する案件を専門に扱う民間組織「ガーディアンズ」を立ち上げた。
 ガーディアンズ設立から三年、組織の戦闘部隊隊員の中でエース格として活躍していた羽切力はある日の休日に晩ご飯のおかずにする為の魚を釣っていた時 に、とある少女と出会う。
 ところが彼女は実はテロリストに依頼されてガーデイアンズを調査に来た諜報員の一人だったのだ。
 彼女は諜報員として力に接触し彼に日本での呼び名を『コルリ』と名づけて貰う等の交流をへて恋愛感情を抱くまでになるが仕事と自身の感情の狭間で苦しむ 事になる。
 だが事態は思わぬ所で転機を迎えるコルリの所属する組織がテロリストと袂を分かちガーディアンズと提携関係を結ぶことを模索し始めたのだ。
 やがてコルリの所属する組織はテロリストのテロ行為を利用してガーディアンズに取り入る計画を実行する、その内容は元々ガーディアンズの隊員と因縁があ り隊員の弱点を知るテロリストを戦わせてガーディアンズを窮地に陥らせて、その後に本来は戦闘員のコルリがテロリストと戦いガーディアンズの窮地を救う、 と云う物である。
 その後計画は実行され、コルリ達はガーディアンズを救い晴れてガーディアンズへ契約社員として出向する事が決定する。
 戦いから数日後、コルリは手続きの為に自国に一時帰国する。再び日本の地を踏めばガーディアンズの一員としてテロリストとの戦いの日々が始まるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

角川Twitter小説コンテスト「湾岸ガーディアンズ」世界設定

作品タイトル「湾岸ガーディアンズ」にて角川Twitter小説コンテストに参加しています。

一応、作品は「ロボット物」なのでキャラ設定、世界設定、メカ設定の解説を不定期にではありますが行って行こうと思います。

第二回は世界設定です。

このブログは昆虫(特にクワガタ)に付いて取扱っていますので、その辺りから解説を進めて行きます。

昆虫食の普及

湾岸ガーディアンズの世界は今から50年後くらいが舞台なのですが後述する理由により海面が1m上昇している為に世界の食糧事情が大きく変わっており。昆虫食が普及しています。

昆虫食の普及している理由は下記の通りです。

高たんぱく低カロリーでミネラルも豊富で栄養的には問題無ししかも生態学的観点から見て経済効率も優れています。以下はWikipediaからの抜粋です。

栄養学的には、例えばガの蛹や幼虫では、乾燥重量の50パーセント以上がタンパク質であり、ミネラル類にも富む。加熱することで雑菌等の問題もなくなるので、食品として摂取にはなんら問題はない。生態学的に見ると、昆虫が食べた植物のエネルギーを体質量(ボディマス)に変換する二次生産の効率は平均40パーセントで、魚類の10パーセントや恒温動物の1 - 3パーセントに比べ非常に優れているため、昆虫類は生態学的および経済的に効率の良い動物性蛋白質の供給源となりうる

更に言うと昆虫は広い生産施設も必要ないので国土の狭い日本の事情に合致しています。

問題点としては「虫」である事でしょうね。虫が苦手な人は元の姿が分からない様に加工してあっても元が「虫」と云うだけで敬遠するでしょうから…。

上記の点は他の動物性たんぱく源たる鶏、豚、牛のリスク増大が昆虫食普及に貢献しています。

鶏→鳥インフルエンザ。現在中国で問題になっていますが殺処分された鶏の量は相当数の様で甚大な損失となってます。今後は鶏の生産者が減る可能性も出てくるかも?

豚→豚インフルエンザ。2009年6月に世界的に流行した(当初は豚インフルと報道では表記されていたが途中で新型インフルに変更された。)。鶏及び人のインフルエンザに感染するため今後も流行が起こらないとは言い切れない。

牛→牛海綿状脳症(狂牛病)。病気のメカニズムの未解明、防除方法の確立の不確定等から将来的に生産量が減少する可能性は否定できない。

こうなると残る動物性タンパク源は昆虫と魚になります。そんな訳で作中での世界の動物性タンパク源は昆虫と魚が主体となっています。

昆虫食はベクター・ケースファイルで再認識しましたが「蜂の子の瓶詰」は山間の道の駅やドライブインで良く見かけますし長野県ではザザムシの佃煮なんかも売っているので今夏の昆虫採集での遠征時に購入してみようと思います。

その他で昆虫と関連する事はキャラ設定の回でも触れましたが登場人物の名前の由来が主にクワガタムシから取っています(確か敵側は海生哺乳類からだったのですがメモを紛失してしまったので元ネタが分からない状態です。)。

海面が1m上昇

作中の時間軸で七年前にグリーンランド北部の氷山が崩壊して海へ滑落した為に急激な海面上昇が起こる(これ以前にも地球温暖化によって20Cmほど海面が上昇していたので現代と比べて1mも海面が上昇した。)。

環境難民の発生とテロリズムの万延

宗教や民族的な対立などから国内移住が出来ず海外移住を余儀なくされた人々は特に生活が苦しく多くの無法者を生み出す。
 こうした無法者の中にはテロリズムに走る者も現れ、そうしたテロリストは地球温暖化を加速させた先進国をターゲットとし、日本でも活発に活動する。

ガーディアンズ設立

名古屋を中心にした中京圏は15年前に起きた東海地震の被害からの復興時に防潮堤を急激な海面上昇にも耐える仕様にした為に氷山の崩壊による海面上昇に耐え日本復興の中心地となる。だが、その事がテロリストの標的にされると云う結果となり。日本政府はテロリストに関する案件を専門に扱う民間組織「ガーディアンズ」を立ち上げた。

人型の普及

人が強化服として着込んだり乗り物に乗り込む様に乗り込んで操縦する作業用ロボト。
氷山の崩壊による海面上昇の被害の復興作業用に急激に普及。
通常Sタイプ(パワードスーツタイプ)、Mタイプ(全高4mの人型ロボット)、Lタイプ(全高8mの人型ロボット)の三種に分類される。
テロリストは人型の装甲を強化し武装を施して使用する事が多くガーディアンズも同様の人型で対応する。
盾と武装のみを施した簡易タイプも存在する。

デザインヒューマノイド

遺伝子操作、ナノマシンと外科手術による肉体強化を施された新人類。普通の人間と変わらない姿で獣○兵並の能力を発揮できる(笑。
環境適応能力も常人の十数倍になる。
劇中に登場するのはコルリ、ケルヴァ、ハートマンの三人。

河口堰の増加

氷山の崩壊による急激な海面上昇以前から世界的な海面上昇は徐々に進んでおり塩害と高潮対策の為に河口堰の建設が各河川の河口部にて進められていたが中京圏では東海地震の時に津波被害が甚大であった為、伊勢湾に注ぐ全河川に河口堰が建設された。

人工島

津波の被害を軽減する為に伊勢湾と外洋の境界に設置された人工の浮島。発電設備も備えており陸地に電力を送電している。

どうも専用サイトの「あらすじ」は改行ができない仕様の様なので以下に「あらすじ」を載せておきます。

 二十一世紀の中ごろ世界の平均海面は二十世紀と比べて一メートル上昇し。数億人の人々が生活圏を奪われ難民と化してしまう。
 難民の中でも宗教や民族的な対立などから国内移住が出来ず海外移住を余儀なくされた人々は特に生活が苦しく多くの無法者を生み出す。
 こうした無法者の中にはテロリズムに走る者も現れ、そうしたテロリストは地球温暖化を加速させた先進国をターゲットとし、日本でも活動し始める。
 この様な事態に対応する為に日本政府はテロリストに関する案件を専門に扱う民間組織「ガーディアンズ」を立ち上げた。
 ガーディアンズ設立から三年、組織の戦闘部隊隊員の中でエース格として活躍していた羽切力はある日の休日に晩ご飯のおかずにする為の魚を釣っていた時 に、とある少女と出会う。
 ところが彼女は実はテロリストに依頼されてガーデイアンズを調査に来た諜報員の一人だったのだ。
 彼女は諜報員として力に接触し彼に日本での呼び名を『コルリ』と名づけて貰う等の交流をへて恋愛感情を抱くまでになるが仕事と自身の感情の狭間で苦しむ 事になる。
 だが事態は思わぬ所で転機を迎えるコルリの所属する組織がテロリストと袂を分かちガーディアンズと提携関係を結ぶことを模索し始めたのだ。
 やがてコルリの所属する組織はテロリストのテロ行為を利用してガーディアンズに取り入る計画を実行する、その内容は元々ガーディアンズの隊員と因縁があ り隊員の弱点を知るテロリストを戦わせてガーディアンズを窮地に陥らせて、その後に本来は戦闘員のコルリがテロリストと戦いガーディアンズの窮地を救う、 と云う物である。
 その後計画は実行され、コルリ達はガーディアンズを救い晴れてガーディアンズへ契約社員として出向する事が決定する。
 戦いから数日後、コルリは手続きの為に自国に一時帰国する。再び日本の地を踏めばガーディアンズの一員としてテロリストとの戦いの日々が始まるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

角川Twitter小説コンテストに参加しています。作品タイトル「湾岸ガーディアンズ」です。

作品タイトル「湾岸ガーディアンズ」にて角川Twitter小説コンテストに参加しています。

一応、作品は「ロボット物」なのでキャラ設定、世界設定、メカ設定の解説を不定期にではありますが行って行こうと思います。

第一回はキャラ設定からです。

羽切力(はぎり ちから) 男性 本編主人公 十七歳
性格は良く言えば臨機応変、悪く言えば適当。
従妹の扶桑姫子(十四歳)と二人暮らし養父が行方不明になって以後は姫子の父親代わりを自負し、このため教育課程は短縮コースを選択しガーディアンズに十六歳で就職する。
※この時代では義務教育を短縮し専門学校等の専門教育を強化してスペシャリストの育成に重点を置いている。
嗜好。おっぱいフェチ 好みはCカップのお椀型 
名前の由来 ヘラクレスリッキー、羽切はヘラクレスの英語読みのもじり力は愛称のリキから変化してリッキーへ。

コルリ(ラピスラズリ) 女性 本編メインヒロイン 十七歳
性格は良く言えば純真無垢、悪く言えば融通が利かない。
仕事のパートナーのケルヴァとは血縁者ではないが幼少の頃から一緒に育った兄妹の様な関係。
某国の秘密機関所属、出自もこの機関であり誕生の際に遺伝子操作と成体改造を受けた戦闘兵器でもある。
嗜好。ファンタジーアニメが好き。ぬいぐるみ収集。
名前の由来 コルリクワガタ。

扶桑姫子(ふそう ひめこ) 女性 本編サブヒロイン 十四歳
性格は良く言えば良妻賢母、悪く言えば嫉妬深い。
従兄の力を異性として慕っており、それなりにアプローチをしているが力の方は姫子を妹としてしか見ていない。
嗜好。BL好き。
名前の由来 ヒメオオクワガタ

豪臣七虹(たけとみ ななこ) 女性 準サブヒロイン 十七歳
性格は良く言えば明朗快活、悪く言えば守銭奴。
力の事を密かに想っているが表には出さない。
嗜好。BL好き。
名前の由来 ニジイロクワガタ

ケルヴァ(ケルン) 男性 サブキャラクター 二十歳
性格は良く言えば思慮深い、悪く言えば神経質。
仕事に忠実だが場合によってはコルリの心身のケアを優先させる。
嗜好。酒好きだがスマートな飲み方を好み深酒はしない。
名前の由来 エラフスホソアカクワガタ

大鋸千曲(おおが ちくま) 男性 サブキャラクター 三十八歳
性格は良く言えば質実剛健、悪く言えば恐妻家。
豪快な性格の一方で相方の女性に頭が上がらない。
嗜好。甘党、酒は一滴も飲めない。
名前の由来 ノコギリクワガタ

その他のサブキャラクター。

味方側

ハートマン。コルリ達の所属する機関のメンバー交渉事が主な任務。
樫尾整備長。ガーディアンズのメカニックチームの総責任者。
筋田小吉。力と同じ小隊の力の先輩隊員。

敵側

ドーン。大鋸千曲と因縁のある傭兵。
モノ。大鋸千曲の元恋人の傭兵。
パッチ。傭兵。ガーディアンズ側との因縁はない。

一応ストーリーは完結していますが続きを書く用意はありますので是非とも応援よろしくお願いします。

どうも専用サイトの「あらすじ」は改行ができない仕様の様なので以下に「あらすじ」を載せておきます。

 二十一世紀の中ごろ世界の平均海面は二十世紀と比べて一メートル上昇し。数億人の人々が生活圏を奪われ難民と化してしまう。
 難民の中でも宗教や民族的な対立などから国内移住が出来ず海外移住を余儀なくされた人々は特に生活が苦しく多くの無法者を生み出す。
 こうした無法者の中にはテロリズムに走る者も現れ、そうしたテロリストは地球温暖化を加速させた先進国をターゲットとし、日本でも活動し始める。
 この様な事態に対応する為に日本政府はテロリストに関する案件を専門に扱う民間組織「ガーディアンズ」を立ち上げた。
 ガーディアンズ設立から三年、組織の戦闘部隊隊員の中でエース格として活躍していた羽切力はある日の休日に晩ご飯のおかずにする為の魚を釣っていた時 に、とある少女と出会う。
 ところが彼女は実はテロリストに依頼されてガーデイアンズを調査に来た諜報員の一人だったのだ。
 彼女は諜報員として力に接触し彼に日本での呼び名を『コルリ』と名づけて貰う等の交流をへて恋愛感情を抱くまでになるが仕事と自身の感情の狭間で苦しむ 事になる。
 だが事態は思わぬ所で転機を迎えるコルリの所属する組織がテロリストと袂を分かちガーディアンズと提携関係を結ぶことを模索し始めたのだ。
 やがてコルリの所属する組織はテロリストのテロ行為を利用してガーディアンズに取り入る計画を実行する、その内容は元々ガーディアンズの隊員と因縁があ り隊員の弱点を知るテロリストを戦わせてガーディアンズを窮地に陥らせて、その後に本来は戦闘員のコルリがテロリストと戦いガーディアンズの窮地を救う、 と云う物である。
 その後計画は実行され、コルリ達はガーディアンズを救い晴れてガーディアンズへ契約社員として出向する事が決定する。
 戦いから数日後、コルリは手続きの為に自国に一時帰国する。再び日本の地を踏めばガーディアンズの一員としてテロリストとの戦いの日々が始まるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

TVアニメ ローゼンメイデン キャスト決定!

超久しぶりのローゼンメイデンの記事です。

以前からTVシリーズ再始動の報は出ていましたが皆さんも気に成っていたであろうキャストも発表されました。
嬉しいことにメインキャストの変更なしです。

公式サイト

ただ大学生のジュンやキラキーが出てくる所をみるとヤンジャン連載分からリセットスタート?するようです。
アニメだけ観てて原作読んでなかった人は新アニメ見たら「ぽかーん。」状態になりそうですね(苦笑。

しかし前にssを書き終えてから約六年半か時が経つのは早いですね。当時のssの解説記事で触れていた新企画も発表する機会も無く完成から二年ほど放置していましたが現在企画展開されている「角川Twitter小説コンテスト」にて発表しましたので良かったら読んでみてください。
作品自体は「ロボット物ライトノべル」の皮を被った「人外ヒロイン物+なんでもありのごった煮ライトノべル」です(笑。
「湾岸ガーディアンズ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月16日 (火)

楽天オークションに出品中

ビッダーズオークシヨンが亡くなったので楽天オークションに乗り換えしました。

まぁ基本は採集しても殆どの個体はリリースするんで野外採集個体を出品する事は少ないですが不要になった飼育用品とかブリードで子供がたくさん生まれた場合の余品を売りに出しますので時折チェックして頂けるとありがたいですね。

現在出品中のものは以下の通りです。

補助リレー

ペルチェ素子クーラーのスイッチング電源のコントロールやサンショウウオ飼育に使う冷蔵ショーケースのコントロールに使う物です(冷蔵ショーケースの場合センサーの温度設定の変更などで、ある程度の電気知識が必要ですがコレを使えば外部のサーモスタットで簡単にコントロール可能になります。)。

※新品が希望の方はHPの方で提供しています。

ヒダサンショウウオの成体

ヒメオオ採集の下山中に、たまたま倒木をひっくり返したら居たのですが初めて見たのでつい連れて帰ってしまいましたが成体が1頭だけ居ても…なので出品する事にしました。

幼体は複数居るので性成熟したらブリードしようと思いますがサンショウウオの性成熟って何年も掛かるらしいのでまだまだ先の話ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月12日 (金)

クワガタムシの種類別採集方法「ネブトクワガタ」

オフシーズン企画として新カテゴリー「クワガタムシの種類別採集方法」を設置してクワガタの種類毎に採集方法を紹介して行きます。
基本初心者向けの記事ですがクワガタは地域で生態が微妙に変化していたりしますので中、上級者の方も目を通して頂けると新しい発見があるかもしれません。
なお私が採集を行う地域は次ぎの様な感じです。平地「愛知県西部、岐阜県南部、稀に三重県北部にも行きます。」低山地「岐阜県南部、三重県北部、稀に愛知県北部にも行きます。」高山地「岐阜県北部、稀に富山県南部と長野県西部にも行きます。

■野外活動では何が起こるか分りません。行動はくれぐれも慎重に自己責任でお願いします。当方は一切責任を負いませんのでご了解下さい。

今回のお題は「ネブトクワガタ」です。※同所的あるいは比較的近場で採集可能な他の種類はスジクワガタ、ミヤマクワガタ、ノコギリクワガタ、コクワガタ、等です。

■2013/04/16追記

先ず最初に、ネブトは平地から低山地にかけて生息する低地性のクワガタです。温暖な気候を好み関東以北では極端に生息数が減少します(ヒラタクワガタと違って生息地が局所的で広範囲に生息域が広がることは少ないです。)。

その他の特徴としては樹液採集で♀を採集して産卵セットに投入しても少ししか卵を産まなくて、それなりの数を採卵したい場合は朽木割り採集で未交尾の成虫を採集するか幼虫を採集して羽化させてからペアリング&採卵する事に成ります。

採集シーズンの最盛期は8月です。※地域によって二週間から1ヶ月ほど前後する場合もあります。

ではネブトの居る場所を見つける方法を順を追って説明します。

クヌギまたはコナラとマツの混成林。クヌギまたはコナラとマツの混成林なら必ず生息している訳ではないですがマツの木は生息に必要です(幼虫がシロアリの食いカスや排せつ物を食べて育つ為です。)。

上記の様な森林の中のクヌギやコナラの太めの成木の根本の樹液が染み出ている樹皮の割れ目等にネブトは隠れていますので掻き出し棒等で引きずり出します。
キーになるのはシロアリの生息状況ではないかと私は思いますがシロアリの多い少ないはマツの立ち枯れや倒木を割ってみないとわからないので他のクワガタ採集の時に鉈も携行して地道に調べるしかないかもですね。
基本的に他のクワガタ(ミヤマ・ノコギリ)とは木の根元と上部で住分けているのでミヤマやノコギリを採集する時に木の根元も探索すると良いでしょう。

027

028

上の画像はネブト生息地の冬季のコナラの根元です。黒蜜の様な樹液が染み出ていますがネブトはこの様な感じの樹液を好み白色や透明の樹液にはあまり集まりません。
同所的にスジクワガタやコクワガタも居る場合もありますがスジクワやコクワは白色や透明の樹液を吸うので隠れ場所のみが競合します。

朽木割採集

ネブトを累代飼育する場合は新成虫を得るのが近道なので朽木割採集を行う事に成りますが他の種類と違って幼虫の育成環境が全く違いますので、やや勝手が違ってきます。

先ずは成虫が樹液採集(樹洞採集)できる森林内のマツの立ち枯れまたは倒木を探し出します(私が採集を行う地域はアカマツの立ち枯れ&倒木が成績が良いです。)。

マツの立ち枯れ&倒木を見つけたら早速鉈を入れて朽ち具合を確認しますがシロアリが摂食した後の木かどうかを特に注視します。

朽木を割ってみてシロアリ自体が居れば、そのまま割って行っても問題無いですがシロアリの姿が見えない場合は材の湿度や朽ちた部分の色合いを確認してください。

乾燥気味の場合やクロアリの姿が確認できる場合、朽ちた部分の色合いが黒っぽい場合はクロアリが摂食した後でネブトが居る確率が低いのでパスします(ネブトは赤茶色に朽ちた高湿度のフレーク状から粘土状の部分を好みます。)。

029

Photo

034

上の画像は昨冬から今冬にかけての朽木割採集の現場写真です。

私の行く地域では良く朽ちたアカマツの立ち枯れの根部にネブトの幼虫が居ることが多いです。故に小型のシャベルや手鍬があると根部を掘り起こすのに重宝します。

採集に必要な道具

樹液採集(基本的にヒラタと同じ道具でOKですがクワガタの大きさ自体が小さいので道具も小回りの利く物を揃えます。)

ペンライト

LU-185はサイズ:約直径15×132mm 本体重量:約46gとコンパクトです。

SG-320はペンライトではありませんが汎用性が高いので私は樹液採集(樹洞採集)ではこちらを使用しています。

掻き出し棒

お料理ピックは先端を数ミリ、ラジオペンチ等で切り落としてからヤスリで丸くして先端から五ミリ前後、直角に曲げて使用します。

0.8mmのステンレスバネ線も先端を曲げて使いますが、これは小さい穴にクワガタが入っていてクワガタの身体と穴との間の隙間が狭い場合に使用します。

掻き出し棒は各自で工夫して色々試してみると良いですよ。

その他

長靴とヤマビル(陸生の吸血ヒル)除けスプレーはミヤマクワガタと混生している地域で必要になります(目安としては夜間の地表温度が盛夏でも20℃以下になる地域です。滝や谷川の多い山地等。)。

ポイズンリムーバーと水鉄砲はスズメバチ対策です。

ポイズンリムーバーは蜂に刺された場合やマムシに咬まれた場合に患部から毒を吸い出す道具です。

水鉄砲は樹液に集まっているスズメバチに水を掛ける為です。

蜂は翅が濡れると一時的に飛べなくなります。

朽木割採集

スコップ・鉈

多産地域では倒木をひっくり返すだけで採集出来るのでスコップとルアーケース等の容器が有れば鉈は必要ないですが通常は立ち枯れの根部を掘り返したり削ったりするので鉈が必要です。

しかしシロアリが活動している直ぐ側からネブトの幼虫が出てきたりする所から見てシロアリとネブトクワガタの幼虫は共生関係にあるのでしょうか?(兵アリの大顎なら幼虫の皮膚など簡単に破れそうですからね。)

折り畳み式のスコップは変形して手鍬状に成る物が荷物が減らせて良いです。
鉈はグリップが自分の手に合う物であればサイズは普通の物で問題無いです。

バケツ・ルアーケース・その他


バケツとルアーケースは採集個体を保管する入れ物ですがバケツは幼虫が居た場所の朽木のフレークを持ち帰るために必要です(シロアリを一緒に持ち帰らない様にご注意ください。シロアリはコンクリート住宅でさえ食い荒らします。特にイエシロアリとカンザイシロアリが危険です。)。

ネブト用のマットは高いですし天然のマットの方が産卵にも飼育にも問題無く使えますからね(但し雑虫処理の必要はありますが…。)。

タブレットパソコンはGPS機能を利用して山の中で自分の位置を確認するのに使います。スマホでも良いですが大画面の方が地図が見易いのでお勧めです(注意点としては電波が入らないと地図の更新が出来ないので電波の入らない場所に行く時は事前に電波の入る所で地図を読み込む必要があります。)。

コンパスは山の中だと方角が分かり難いので必要になります。

登山靴は山地での長時間の探索では疲労軽減できて助かります。

以上は私が採集に行く地域での体験を元に解説していますが多産地域などでは倒木をひっくり返しただけで大量の幼虫を得られる場合もあると聞きますし生息域の標高も地域によって違いがあるようです。採集の時は色々な事象に注意を払い独自の情報収集に努めてください。

■アマゾンのリンクに関しては特にお勧めしている物以外は適当にセレクトしていますので下のサーチボックスから検索して予算に合わせた物を購入して下さい。

余り安すぎる物は「安物買いの銭失い。」になりますので予算に合わせて中間の価格帯から選択するのがベターかと思います。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年3月 6日 (水)

「けいおん!トレーディングkyoaniコレクション」全弾(1弾~10弾+プレミアムのスペシャル込み。)フルコンプリート達成!!

「けいおん!トレーディングkyoaniコレクション」全弾フルコンプリート達成しました!!
※1弾~10弾+プレミアムのスペシャル(イラストカードと豆コンテ。)込みです。

しかし7,000円のboxに一枚のスペシャルが253種類はキツかった…。 しかもアソートエラー(スペシャルの封入の偏り。)で4578の各弾が発売当初には豆コンテがサッパリ出ないし…只でさえ取り扱っているローソンが少なくて困っていたのに…しかし馴染みのローソンの店員さんから「もしかしたら強制入荷で各店に入るかも…。」と聞いていなかったらこの時点でコンプリートは諦めていましたよ。
まぁ、それでも偏りのせいで中部から地区の違う北陸や信越地域まで遠征するはめにはなりましたが…(弾によってイラストカードしか出なかったり豆コンテしか出なかったりでしたが「配送センターの違う地域ならもしかして…。」との馴染みのローソンの店員さんのアドバイスが効きましたね。)。

とは言え昨夏の強制送り込みの時には九割程度しか集っていなくて当事は若干焦りましたが昨年末から年明けの松の内くらいまでやっていたロッピーでの七割引セールでの箱買いで残り数が数種類までになってあと一息の所まで来てましたがロッピーのセール終了で追加の箱買いを諦めて残りはシングル買いやトレードで何とか集めて全て揃いました。

○↓第1弾の名場面カード(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0101m

○↓第1弾のイラストカードと豆コンテ(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0102s

○↓第2弾の名場面カード(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0201m

○↓第2弾のイラストカードと豆コンテ(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0202s

○↓第3弾の名場面カード(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0301m

○↓第3弾のイラストカードと豆コンテ(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0302s

○↓第4弾の名場面カード(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0401m

○↓第4弾のイラストカードと豆コンテ(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0402s

○↓第5弾の名場面カード(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0501m

○↓第5弾のイラストカードと豆コンテ(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0502s

○↓第6弾の名場面カード(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0601m

○↓第6弾のイラストカードと豆コンテ(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0602s

○↓第7弾の名場面カード(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0701m

○↓第7弾のイラストカードと豆コンテ(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0702s

○↓第8弾の名場面カード(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0801m

○↓第8弾のイラストカードと豆コンテ(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0802s

○↓第9弾の名場面カード(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0901m

○↓第9弾のイラストカードと豆コンテ(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

0902s_2

○↓第10弾の名場面カード(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

1001m

○↓第10弾のイラストカードと豆コンテ(クリックすると大きい画像が別ウィンドウで開きます。)

1002s

○↓の画像二枚は一昨年の冬コミで限定販売していたカードセット入りカードホルダーです。

1101m

1102m

久し振りにトレカの収集をしましたがトレカはやっぱり集めている間のパック開封の時の「持っていないカードが出るかダブリが出るか。」の一喜一憂が一番楽しいですね。
勿論集め終わったカードを繁々と眺めるのも乙な物ですが…まぁ仮に売ったとしても最低1box7,000×スペシャル253種類分ないと譲りませんけどね。
※画像の転載は構いませんが二次加工は禁止とします(禁止事項は主にブログロゴの除去等です。その他に付いてはコメントにて聞いて下さい。)。

現在期間限定にて楽天オークションに出品中です。

「けいおん!トレーディングkyoaniコレクション」全弾フルコンプリート。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年2月13日 (水)

2013年冬季アニメ

また更新間隔が空いてしまいましたね。すみません。
先月は自作産卵木の仕込みで先月末から今月の頭はネブトクワガタの幼虫採集をしていました(ネブト採集に付いては月末から来月に掛けて記事にします。)。

という訳で今回は冬季TVアニメの話題を…と言っても自分が見ているものを紹介するだけですが…。

京アニのオリジナル作品って事で若干不安はありましたが(苦笑、杞憂だったようでなかなか良作に仕上がっています。

私も昆虫採集で山に入るので軽い気持ちで見てみたら思いのほか良かったです。

私はひまわりちゃんがお気に入りです。おっぱい♪おぱっい♪

ラノベ原作物。大して内容はないんだけどつい見てしまう…。

チャンピオンREDでコミック版の一つが連載しているので観て見たけどそこそこ面白いです。

絶チルのスピンオフ作品?になるのかな最初は誰得だよって思ったけど普通に面白い。

今期ではなく昨年秋季からの継続視聴。第一部も良かったけど第二部も良いです♪

他にも一話だけ見て継続視聴するか悩み中の作品もちらほら。

○各リンクは一部の物しか含まれていない物もありますので下のサーチBOXから検索してください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 8日 (火)

生き物を題材にしたマンガ・アニメの他の紹介 その二

オフシーズン企画第二弾として新カテゴリー「生き物を題材にしたマンガ・アニメ他」を設置して生き物を題材にしたマンガ・アニメ他を紹介して行きます。※第一弾の方の続きも順次、ネブトクワガタ、スジクワガタ、アカアシクワガタ、他を公開して行きますので暫くお待ち下さい。

私が冬が苦手で冬季はフィールドワークは稀にしか行わないので同様に冬が苦手な人向けに冬でも生き物ライフ?を楽しく過ごす為に企画しました。

サイカチの主人公の真夏少年の師匠の榎稲穂が主人公になり昆虫や蟲にまつわる難事件を解決!

私は近年の鹿や猪の増殖と拡散に伴って生息域を拡大しているヤマビルに関する事件が特に印象深かったですね。

その他にも極力殺虫しない方向での害虫防除方法の解説などもあって現実でも役立つ内容です。

癖の有る主人公の獣医師が患畜の飼い主の心のケアもして行く所が好感が持てますね。

私は猫漫画はディフォルメされた絵柄が好きです。

小さい頃に好きだった作品です。

コミックスの表紙絵はリアルですが漫画自体は四コマ漫画でコミカル調の絵柄です。

みどりの方のジャンプ本誌での打ち切りが結構ショックでしたね。アニメが終了すると原作が失速するのはこの頃からかなぁ?

全編に動物が出て来る訳ではないですが主人公の飼い犬が良い味出しているんですよね(笑。

ウィジェトに表示されていない続巻などは記事の一番下のサーチBOXから検索して下さい。

-お願い-

お時間のある方はランキングサイトの投票やブログパーツのクリックをお願いします。

このブログは夏場はそこそこアクセスがあるのですが冬季は閑古鳥が鳴いている状態で春と秋も「冬よりはまし」って状態でして私自身のモチベーションを維持するのが大変困難なのです。

今後は作成済みのクワガタの種類別採集方法の記事にも「採集現場の画像」を追加していく予定ですがモチベーションが上がらないと「まぁ画像は保存だけしておいて次の冬になってからアップすれば良いか?」ってなってしまうので是非とも投票や評価やクリックをお願い致します。

それからアマゾンのリンクに関してですが私自身アマゾンを良く利用していて便利に感 じているのでリンクを張ってあるのですがブログの記事の作成自体も結構時間が掛かっていて出来れば多少は時間に対する対価も欲しいので可能でしたら、この ブログで紹介している物は貼ってあるリンクから直接購入して頂けるとありがたいです。※水中カメラを購入して水生生物の撮影とかしてブログで動画を公開す るとか出来ますし…。

以下は「生き物」とは関係ない私の好きなマンガ・アニメ他の紹介です。※興味の無い方は華麗にスルーして下さい(笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年1月 7日 (月)

生き物を題材にしたマンガ・アニメの他の紹介 その一

オフシーズン企画第二弾として新カテゴリー「生き物を題材にしたマンガ・アニメ他」を設置して生き物を題材にしたマンガ・アニメ他を紹介して行きます。※第一弾の方の続きは次はネブトクワガタを予定していますので暫くお待ち下さい。

私が冬が苦手で冬季はフィールドワークは稀にしか行わないので同様に冬が苦手な人向けに冬でも生き物ライフ?を楽しく過ごす為に企画しました。

少年サンデーにて連載されていた熱血獣医師が主人公の物語です。実際に役立つ内容もありますのでペットを飼育している方は必読のマンガです。

日本初のクワガタ飼育採集に特化したマンガです。クワガタ好きの人は必読ですよ!

コミックスは三巻まで発行。昆虫専門誌「昆虫フィールドにて連載中です。

サイカチ~真夏の昆虫格闘記~
 


日本初のクワガタ相撲に特化したマンガです。諸般の事情でコミックスは一巻しか出ていませんがタイトルを変更してネット配信されていますので下記を参照下さい。

サイカチ 白衣の少女と秘蜜のクワガタ

小さい頃に好きだったアニメです。小さい子供にいきなり本物の虫を見せても怖がると思いますのでアニメで馴れて貰うのは良いのではないでしょうか?

云わずと知れた名作アニメ。ただ実際のアライグマは成獣になると気性が荒くなりペットとしては難があります。野生化して問題にもなってますしね。その辺は本編でも触れられていますので未見の方は是非観て下さい。

昭和ガメラなら小さい子供にも受けるのでは?

WXIII 機動警察パトレイバー

敵が生物兵器と云う事で無理やりねじ込みました(笑。

ワイルドライフの続巻や昆虫フィールドのバックナンバーは記事の一番下のサーチBOXから検索して下さい。

-お願い-

お時間のある方はランキングサイトの投票やブログパーツのクリックをお願いします。

このブログは夏場はそこそこアクセスがあるのですが冬季は閑古鳥が鳴いている状態で春と秋も「冬よりはまし」って状態でして私自身のモチベーションを維持するのが大変困難なのです。

今後は作成済みのクワガタの種類別採集方法の記事にも「採集現場の画像」を追加していく予定ですがモチベーションが上がらないと「まぁ画像は保存だけしておいて次の冬になってからアップすれば良いか?」ってなってしまうので是非とも投票や評価やクリックをお願い致します。

それからアマゾンのリンクに関してですが私自身アマゾンを良く利用していて便利に感じているのでリンクを張ってあるのですがブログの記事の作成自体も結構時間が掛かっていて出来れば多少は時間に対する対価も欲しいので可能でしたら、このブログで紹介している物は貼ってあるリンクから直接購入して頂けるとありがたいです。※水中カメラを購入して水生生物の撮影とかしてブログで動画を公開するとか出来ますし…。

以下は「生き物」とは関係ない私の好きなマンガ・アニメ他の紹介です。※興味の無い方は華麗にスルーして下さい(笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月31日 (月)

クワガタムシの種類別採集方法「ヒラタクワガタ」

オフシーズン企画として新カテゴリー「クワガタムシの種類別採集方法」を設置してクワガタの種類毎に採集方法を紹介して行きます。
基本初心者向けの記事ですがクワガタは地域で生態が微妙に変化していたりしますので中、上級者の方も目を通して頂けると新しい発見があるかもしれません。
なお私が採集を行う地域は次ぎの様な感じです。平地「愛知県西部、岐阜県南部、稀に三重県北部にも行きます。」低山地「岐阜県南部、三重県北部、稀に愛知県北部にも行きます。」高山地「岐阜県北部、稀に富山県南部と長野県西部にも行きます。

■野外活動では何が起こるか分りません。行動はくれぐれも慎重に自己責任でお願いします。当方は一切責任を負いませんのでご了解下さい。

今回のお題は「ヒラタクワガタ」です。※同所的あるいは比較的近場で採集可能な他の種類はスジクワガタ、ミヤマクワガタ、ノコギリクワガタ、コクワガタ、等です。

先ず最初に、ヒラタは平地から低山地にかけて生息する低地性のクワガタです。温暖な気候を好み関東以北では極端に生息数が減少します。

関東地方では地球温暖化の影響で温暖な気候を好むヒラタクワガタは勢力を拡大しているそうです。

木曽三川の河川敷でヒラタクワガタが勢力を拡大しているのも樹林化の影響だけではないかもしれませんね。

採集シーズンの最盛期は6月です。※地域によって二週間ほど前後する場合もあります。

ではヒラタの居る場所を見つける方法を順を追って説明します。

一つ、河川敷。大河川の河川敷に広がるヤナギ林は小型個体が多いもののヒラタが多く見られます。木曽三川の河川敷は近年樹林化が進み中型のヒラタも多数採集できますし大型も稀に採集できます。※河川敷は足場が悪い所が多いので夜に採集する場合は昼間の間に十分な下見をして夜の間に新しい場所を開拓するのは止めましょう。

河川敷といっても範囲が広いので取り敢えずは自宅から近い地域を探索すると思いますが初めから探索区域として除外するべき地域は河口に近い葦原が広がる地域です(芦原の下をアカテガニやクロベンケイガニがうろうろしている所は完全にNGです。)。

次に優先して探索するべき場所ですが、うっそうとして広範囲に林が広がる所よりは川岸沿いに木が一列に並んでいる様な場所の端っこの木から探してみましょう。

柳の木に寄生していて樹液のでる原因に成っている虫はシロスジカミキリ、コウモリガ、スカシバガ、等の幼虫ですが、その虫達の卵を産む親は飛来し易い開けた場所の木に産卵するので樹液の出る木も自然に外縁部に生えている木になります。

樹液を出している樹を見つけたら次にヒラタが隠れている所を探します。ヒラタは潜洞性が強くシロスジカミキリの幼虫が開けた穴や部分枯れを起こした部位が枯死して出来た洞の中に隠れているのでペンライト等で洞の中を照らして探し出します。

上手くヒラタが見つかったら掻き出し棒で洞の中から引きずり出しますがヒラタの身体を傷つけない様に注して下さい(大抵は頭を入り口に向けていますのでお尻を突付けば出てきます。頭を奥に向けている場合は掻き出し棒の曲がった先端を顎の内側に掛けて引きずり出します。)。洞からクワガタを取り出すのは経験を積めば上達しますので数をこなして下さい。

どおしても洞から出せない場合や深い洞の奥に逃げ込まれた場合は夜を待って樹液を吸いに出て来た所を採集しましょう。※ヒラタの河川敷採集の場合は懐中電灯はヘッドライトタイプがあると重宝しますよ。

二つ、神社の鎮守の森など。お寺の庭園木、墓地の周辺の小規模林、等も含む小規模林。

愛知県西部と岐阜県南部の場合はヒラタが付くのは樫の樹なので日中に樹液の出る樹を探しておいて夜に樹液を吸いに来たヒラタを採集します。※樫の樹の洞は奥が深い物が多く日中に掻き出し棒で取り出すのは難しいです。

その他の地域ではクヌギ、コナラ、アベマキ、等の樹が生えていて樹液を出す原因の虫がボクトウガの幼虫の場合は樹皮のめくれが出来て、そこにヒラタが隠れられますので日中の採集も可能です。

三つ、低山地の森林。樫の樹に寄生するスカシバガが生息していれば樫の樹の多い森でも採集は可能かと思われますが私は経験が無いので確かな事は言えません。クヌギ、コナラ、アベマキ、等の樹が生えていて樹液を出す原因の虫がボクトウガの幼虫の場合はヒラタは生息している場合もありますが生息密度は地域差があるようです。

7月にミヤマ採集のついでに樹皮のめくれを覗いてヒラタが居ないか確認してヒラタが確認できたら翌年の6月に本格的に探索してみると良いかも知れません。

ヒラタ採集に必要な道具

ペンライト

 

LU-185はサイズ:約直径15×132mm 本体重量:約46gとコンパクトです。

SG-320はペンライトではありませんが汎用性が高いので私はヒラタ採集ではこちらを使用しています。

掻き出し棒

お料理ピックは先端を数ミリ、ラジオペンチ等で切り落としてからヤスリで丸くして先端から五ミリ前後、直角に曲げて使用します。

魚串は余り使う機会はありませんがお料理ピックと同様の加工をして使用します。※深い洞等に差し込んで使いますがあまりに深い洞だと大抵逃げられますし使う機会は稀です。

0.8mmのステンレスバネ線も先端を曲げて使いますが、これは小さい穴にヒラタが入っていてヒラタの身体と穴との間の隙間が狭い場合に使用します。

掻き出し棒は各自で工夫して色々試してみると良いですよ。

懐中電灯(LEDライト)

SF-352X3とSF-152X3は今後購入予定のモデルです。

SF-533XXは使用電池が単二なので電池スペーサーを使って単三を入れて使用していますがかなり軽くなって使い易いです(SF-533XXは生産終了でアマゾンでは取り扱い終了ですが一部のホームセンター等では未だ販売しています。)。

ヘッドライトタイプは現在使用中のモデルはGTR-931HでORX-513HとORX-234Hは今後購入予定のモデルです。

ヒラタをメインに採集するならヘッドライトはORX-513HかORX-234Hを購入した方が良いと思います。

捕獲ネット(改造磯玉網)

上の画像の商品と同様の物の網の部分を自作の物(下の画像の物。)に付け替えて使用します(柄の長さは4m前後と7m前後の物があれば大抵の場面で対応できると思います。)。

201212016001

201212016002

201212021001

網の支柱は三角錐を逆様にした形態で開口部の周辺にプラスチックの管を被せてあり樹の幹の上を下から上に滑らせてクワガタを開口部に落とし込む作りになっています。

虫除け

私は容器の頭部にスポンジが付いていて直接塗るタイプを好んで使用しています。※日中の探索では汗で流れてしまう場合もあるので携帯用の蚊取り線香も用意すると良いです。

長靴

ヒラタは湿度の高い所を好むので探索時も、それに対応した用意をしましょう。

その他

ポイズンリムーバー 蜂に刺されたり毒蛇に咬まれた時に毒を吸い出す器具。

ウォーターガン クワガタの付いている樹にスズメバチが居た場合にスズメバチに水を掛ける為の装備です。ハチは濡れると羽が乾くまで飛べなくなりますから安全に採集が続けられます。それに無意味な殺生をせずに済みますしね。

■アマゾンのリンクに関しては特にお勧めしている物以外は適当にセレクトしていますので下のサーチボックスから検索して予算に合わせた物を購入して下さい。

余り安すぎる物は「安物買いの銭失い。」になりますので予算に合わせて中間の価格帯から選択するのがベターかと思います。

にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

-お願い-

お時間のある方はランキングサイトの投票やブログパーツのクリックをお願いします。

このブログは夏場はそこそこアクセスがあるのですが冬季は閑古鳥が鳴いている状態で春と秋も「冬よりはまし」って状態でして私自身のモチベーションを維持するのが大変困難なのです。

今後は作成済みのクワガタの種類別採集方法の記事にも「採集現場の画像」を追加していく予定ですがモチベーションが上がらないと「まぁ画像は保存だけしておいて次の冬になってからアップすれば良いか?」ってなってしまうので是非とも投票や評価やクリックをお願い致します。

それからアマゾンのリンクに関してですが私自身アマゾンを良く利用していて便利に感 じているのでリンクを張ってあるのですがブログの記事の作成自体も結構時間が掛かっていて出来れば多少は時間に対する対価も欲しいので可能でしたら、この ブログで紹介している物は貼ってあるリンクから直接購入して頂けるとありがたいです。※水中カメラを購入して水生生物の撮影とかしてブログで動画を公開す るとか出来ますし…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

クワガタムシの種類別採集方法「ヒメオオクワガタ」

オフシーズン企画として新カテゴリー「クワガタムシの種類別採集方法」を設置してクワガタの種類毎に採集方法を紹介して行きます。
基本初心者向けの記事ですがクワガタは地域で生態が微妙に変化していたりしますので中、上級者の方も目を通して頂けると新しい発見があるかもしれません。
なお私が採集を行う地域は次ぎの様な感じです。平地「愛知県西部、岐阜県南部、稀に三重県北部にも行きます。」低山地「岐阜県南部、三重県北部、稀に愛知県北部にも行きます。」高山地「岐阜県北部、稀に富山県南部と長野県西部にも行きます。

■野外活動では何が起こるか分りません。行動はくれぐれも慎重に自己責任でお願いします。当方は一切責任を負いませんのでご了解下さい。

今回のお題は「ヒメオオクワガタ」です(12/24追記)。※同所的あるいは比較的近場で採集可能な他の種類はスジクワガタ、アカアシクワガタ、ミヤマクワガタ、オニクワガタ、ルリクワガタ類の仲間、等です。

その一。 先ず最初に、ヒメオオは多産地域以外では採集難易度が格段に上がりますので近くに有名産地や多産産地の無い方はある程度の覚悟が必要です。

採集シーズンの最盛期は8月です(多産産地では前後二週間ほどプラスされる場合もあります)。初めてのシーズンでは最盛期に狙いを絞り6、7、9、10の各月は採集出来た次ぎの年のシーズンに狙ってみましょう。

初心者の方は多少経済的な無理をしても最初の内は有名産地に行くか経験者の方に直接案内して貰いましょう。

では有名産地に行ったり経験者に採集地に連れて行ってもらった時にチェックするべき点は何でしょうか?

一つ、標高。一般的にヒメオオは標高800mから生息していて1000mを越えると個体数が増えてくると言われていますが近年は地球温暖化の影響が顕著に出ている地域もあって、そういう所は一昔前と比べると標高差にして200mほど生息域が上昇している地域があるので注意が必要です。

二つ、ヒメオオが付いている樹の種類。ヒメオオと言えば柳ですが樺類バラ類の樹にも付きますし地域によっては柳よりも別の樹種に多く付く場合もあるので注意が必要です。

三つ、地形的地質的特徴。日当たりの良し悪し、水捌けの良し悪し、沢の多い少ない、林床の湿度、等を見る。

四つ、死骸の落ちている場所と頻度。舗装道路の場合は一時間以上探しても自動車に轢かれた轢死体が落ちて無い場所はルッキング採集では稀にしか捕れません。未舗装や登山道では切り株や倒木の付近に活動開始直後に野生動物に捕食されたヒメオオの死骸が落ちています。全く死骸を見掛けない様な場所は生息密度は極めて薄いです。

五つ、他の野生生物の生息状況、小さい倒木をひっくり返してサンショウウオを発見できる頻度によって差異があるように私は感じますが…発見できる頻度が高い場所はヒメオオは少ない様に感じます。自分が気付いていないだけで他にも指標になる生物はいるかも知れませんので気になった場合は覚えておくかメモして置くと後々役に立つ事もあるかも知れませんね。

六つ、ホスト樹以外の樹木の植生具合。ブナやミズナラ等の成虫は付かなくてもメスが産卵する発生木の樹種でどの樹種が多いか少ないか等。

その二。 次は採集に必要な道具です。経験者と一緒に行く場合は道具が借りられるならば良いですが自前で用意しておくのがベターですね。用意する物は下記の通りです。

必ず必要な道具 捕獲ネット(改造磯玉網) 熊対策の用品(本州ではヒメオオの居る所には普通に熊も生息しています。) 非常用の装備(登山道を探索する時はフル装備で林道探索の時でも最低限の物は用意しましょう。)

あると便利な道具 懐中電灯(ヒメオオは集まる数は少ないですが街灯にも飛来します。)。斧、鉈(朽木割採集もする場合ですがブリードしないなら朽木割はしない方が良い。幼虫が朽木の中でどうしているのか観察するのはブリードには大変役立ちますが朽木割り採集は必要最低限に抑えましょう。)GPS付きのタブレットパソコン(防水仕様ならなお良い。)登山用靴

道具については項目「その五」にて詳しく解説します。

その三。 経験者に案内して貰って採集するか有名産地、多産産地で採集すれば問題なく採集経験は積めますが次の段階に進むにはどうすればいいのか?先ずは経験を沢山積む為にも頻繁に通える近場の採集地を開拓しましょう(経験者の知り合いが居ない。予算の範囲で通える有名産地や多産産地が無い場合は、この項目から始める事になります。)

先ずは自分の住んでいる県(都道府県)の地図を用意する。まず標高800mを越える山を探すと思いますが実際には山頂の標高が1500m以下の単体の山(富士山の様に回りに同程度の高さの山が無く山脈を形成していない山の事です。)は探索する候補から切り捨てます。

何故に切り捨てるのか?例外はありますし地域差もありますが地球温暖化の影響でヒメオオの生息密度の濃くなる標高が1200mくらいになっている事と密接な関係があります。

山頂の標高が1500mの単体の山の標高1200mから標高1500mの間の山の面積って山脈の連なっている地域と比べるととても狭いでしょ?こういう環境の場合よほどヒメオオに適した環境条件が揃っていないと、いくら標高が1200mあってもヒメオオの生息密度は濃くなりません。

元々生息数の少ない地域を初心者が探索してもヒメオオを見つけるのは非常に困難です。理想としては単体の山なら山頂の標高が1600m以上、山脈の連なる高山帯なら標高1200m以上の峰が数十キロ以上の長さの距離で連なっている地域。

上記の様な山地の標高1200mから1500m位の林道や登山道を探索するのがベターだと云うのが私の経験上の答えです。

その四。 探索する地域が絞れたら次は現地では何を指針に探索するかです。

まず自動車道(国道、県道、市道等。)は…基本スルー、まぁ林道や登山道に入る過程でヒメオオの生息密度の濃い場合のある標高の道を通る事もありますので、その時は路面に自動車に轢かれたヒメオオの轢死体がないか捜索します(一時間以上探して見つからなければ諦めましょう。)。運良くぽつぽつとでも死骸が落ちているのを発見出来れば道端の樹木でルッキング採集可能です。

林道の場合。舗装路の場合は出入り口が封鎖されていない限り人の往来がある(採集圧も高い。)ので基本スルー(自動車道と同じ。)。入り口が封鎖されていて徒歩で探索する場合、又は未舗装路の場合は木の枝が道路の上に伸びていてトンネル状になっている様な道はパス。開けていて日当たりの良い道がベター、沢を多く横切る道が良く、未舗装路なら路上を時折水が流れている様な道だとなお良い。

登山道の場合。こちらも見通しが良くて日当たりの良い道がベター。道自体は乾燥気味の方が良い。所々に湿地のある様なジメジメした道はNG。

以上の様な場所を「その一」で挙げた基準を頼りに探索しますが、やはり事前の経験が無いとヒメオオを見つけるのは厳しいので、そういう場合は根気良く続けて探索するしかありませんね。私も最初のシーズンは成果ゼロで2シーズン目で♂二頭3シーズン目で漸く50mm超えの大型の♂三頭を含む多数の個体を採集出来ましたから…。

その五。 道具の詳しい解説

捕獲ネット(改造磯玉網)

上の画像の商品と同様の物の網の部分を自作の物(下の画像の物。)に付け替えて使用します(柄の長さは4m前後と7m前後の物があれば大抵の場面で対応できると思います。)。

201212016001_5

201212016002

上の画像は磯玉網の柄の部分、接続金具、網本体を分離した物です。
網の支柱は三角錐を逆様にした形態で開口部の周辺にプラスチックの管を被せてあり樹の幹の上を下から上に滑らせてクワガタを開口部に落とし込む作りになっています。
この網は本来は太い樹に付く事の多いミヤマクワガタの採集用に作った物なのでヒメオオ採集には若干使い難い部分もありますが小型の玉網に付け替えるだけの仕様よりはヒメオオ採集には適しています。
とは言っても大型の♂を取り逃がしたら嫌なのでヒメオオ専用の網も次シーズン開幕までには製作するつもりです。

熊対策の用品

熊には夜に自動車を運転していて三回、日中に一回だけ直に遭遇した事があります。

直に遭遇した時は熊鈴を付けておらずこちらの存在を知らせられなかったからなのですが相手が小熊の上に直ぐに山の中に消えていったので助かりましたが母熊が近くに居たらと思うとぞっとしますね。

熊にこちらの存在を知らせる為にも熊鈴は必ず身に付けましょう!熊撃退スプレーは子連れの母熊に遭遇してしまった時は役に立つかもしれません(基本的に向こうから向かって来る事はありませんが子連れの母熊だけは例外で出会い頭に遭遇すると大変危険だそうです。)。

非常用の装備

雨具、飲料水、携帯食料、コンパス、地図、ポイズンリムーバー、その他。

ポイズンリムーバーはエクストラクターがお勧めです。吸引力が違いますよ。

雨具は徒歩で長距離移動する場合はシッカリした作りの物を携行しましょう。

雨の中でも採集すると云うツワモノの方は魚釣り用のカッパの高級品がお勧めです。

懐中電灯(LEDライト)

SF-352X3とSF-152X3は今後購入予定のモデルです。

SF-533XXは使用電池が単二なので電池スペーサーを使って単三を入れて使用していますがかなり軽くなって使い易いです(SF-533XXは生産終了でアマゾンでは取り扱い終了ですが一部のホームセンター等では未だ販売しています。)。

SG-320私は旧モデルを使ってますがコンパクトで携帯性に優れたモデルです。通常は樹液採集で洞の中を照らすのに使うのでヒメオオ採集では予備として持って行きます。

ヘッドライトタイプは使う機会は少ないですが両手をフリーにしたい時は重宝しますね。

ヘッドライトタイプは現在使用中のモデルはGTR-931HでORX-513HとORX-234Hは今後購入予定のモデルです。

街灯廻りでは結構明るい場所から離れた暗い場所にクワガタが落ちている事もあるのでライトは軽量で強力な物があると効率的です。

斧、鉈

ヒメオオの3齢幼虫や2齢幼虫は材の硬い部分に居る事が多いので鉈よりも破壊力のある斧の方が良いです。鉈は初齢幼虫の入っている柔らか目の部分を削る時に使用します。他にはマイナスドライバーや掻き出し棒の細い物(0.5mmから0.8mmくらいで先端はヤスリで削って鋭利な部分が無い様にする。)があると重宝します。

GPS機能付きのタブレットパソコン

グーグルマップで自分の位置が分るので紙の地図より良いですね。自動車に取り付ければカーナビにもなりますしあるのとないのとでは大違いです。
注意点としては電波が入らないと地図の更新が出来ないので電波の入らない場所に行く時は事前に電波の入る所で地図を読み込む必要があります。

登山靴

登山道の探索や林道を長距離移動する場合はやはりマウンテンブーツやトレッキングシューズを履いた方が良いですね。皮や合皮素材の物は避けましょう。採集だと結構ハードな使い方になるので皮は表面が剥がれてきます。

その他の道具※雑多な物なら必要になったらコンビニで買えば良いと思いがちですが山奥にはコンビニ自体が殆どありませんのでご注意下さい。

ドライヤー(カッパを乾かす時にあると助かります。雨天でも強行採集する場合はカッパを複数持って行き乾かしながら交互に使用します。)

インバーター(自動車で交流電源AC100Vを使用する場合に必要です。)使用する機器に合わせてなるべく高出力の物が良い。

着替え。山の天気は変わり易いので最低でも一揃えは持って行きましょう。泊まりの場合は勿論複数セット持って行きます。

寝袋(ハイシーズンは毛布で十分ですが春や晩秋には寝袋が必要です。)車中泊する場合は季節に応じて用意しましょう。道の駅で寝る場合は耳栓とアイマスクもあると良いですよ。

■アマゾンのリンクに関しては特にお勧めしている物以外は適当にセレクトしていますので下のサーチボックスから検索して予算に合わせた物を購入して下さい。

余り安すぎる物は「安物買いの銭失い。」になりますので予算に合わせて中間の価格帯から選択するのがベターかと思います。

にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

-お願い-

お時間のある方はランキングサイトの投票やブログパーツのクリックをお願いします。

このブログは夏場はそこそこアクセスがあるのですが冬季は閑古鳥が鳴いている状態で春と秋も「冬よりはまし」って状態でして私自身のモチベーションを維持するのが大変困難なのです。

今後は作成済みのクワガタの種類別採集方法の記事にも「採集現場の画像」を追加していく予定ですがモチベーションが上がらないと「まぁ画像は保存だけしておいて次の冬になってからアップすれば良いか?」ってなってしまうので是非とも投票や評価やクリックをお願い致します。

それからアマゾンのリンクに関してですが私自身アマゾンを良く利用していて便利に感 じているのでリンクを張ってあるのですがブログの記事の作成自体も結構時間が掛かっていて出来れば多少は時間に対する対価も欲しいので可能でしたら、この ブログで紹介している物は貼ってあるリンクから直接購入して頂けるとありがたいです。※水中カメラを購入して水生生物の撮影とかしてブログで動画を公開す るとか出来ますし…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

クワガタムシの種類別採集方法「ミヤマクワガタ」

オフシーズン企画として新カテゴリー「クワガタムシの種類別採集方法」を設置してクワガタの種類毎に採集方法を紹介して行きます。
基本初心者向けの記事ですがクワガタは地域で生態が微妙に変化していたりしますので中、上級者の方も目を通して頂けると新しい発見があるかもしれません。
なお私が採集を行う地域は次ぎの様な感じです。平地「愛知県西部、岐阜県南部、稀に三重県北部にも行きます。」低山地「岐阜県南部、三重県北部、稀に愛知県北部にも行きます。」高山地「岐阜県北部、稀に富山県南部と長野県西部にも行きます。

■野外活動では何が起こるか分りません。行動はくれぐれも慎重に自己責任でお願いします。当方は一切責任を負いませんのでご了解下さい。

今回のお題は「ミヤマクワガタ」です(12/23追記)。※同所的あるいは比較的近場で採集可能な他の種類はスジクワガタ、アカアシクワガタ、ヒラタクワガタ、ノコギリクワガタ、等です。

先ず最初に、ミヤマ(深山)と言う名前から山奥に住むクワガタと思われがちですが比較的低山地から標高1500mくらいまでの高い山まで広範囲に生息している普通種です。

ただし西日本と北日本を除いて完全な平地には全く生息していませんので私の様に平野の真ん中に住んでいる人には全く縁の無い種類で採集難易度どうこうの前に採集不可能です。

採集シーズンの最盛期は7月です。※地域によって二週間ほど前後する場合もあります。

ではミヤマの居る場所を見つける方法を順を追って説明します。

一つ、標高。採集し易いのは標高200mから600mくらいの山岳地帯です。単独の小さい山は生息していない場合が多いのでパスしましょう。

標高700mを越える地域ではミマヤは付く樹の種類が変化して低山地と同じ要領では樹液採集は困難になりますので採集方法は街灯廻りが中心になります。

二つ、ミヤマが付いている樹の種類。標高200mから600mくらいの山岳地帯ではクヌギ、コナラ、アベマキ、に付きます。地域によってはヤナギにも付くようです。

標高1000mを越えるとミズナラ、ウダイカンバ、カエデに付きますが地域差が激しいようで街灯の下に死骸が落ちている付近で広葉樹を虱潰しに探す必要があり首が大変疲れます。※高標高の地域では他種の採集のついでに探すのが良いかもです。

三っつ、実際にミヤマの付いている樹を探し出す。これは平地の森でクワガタやカブトの付く樹を探すのと一緒で道路やハイキングコース等(山の名前が分ってるなら検索して調べ出せます。)の道端などのある程度開けた場所にある樹から見て行きます。※地図で最寄の山地を調べて(グーグルマップなら名前の付いている山は表示されますし右上のダイアログで表示を地形に変更すれば標高も分ります。)山の中を通っている道を探します。

上記のような場所でクヌギ等を見つけたら先ずは樹液が出ていなか見える範囲を探すと思いますがミヤマは昼夜問わず樹液を吸いに来ますので丁寧に探して下さい。

仮に樹液の出ている場所に居ない場合は樹の上の方をくまなく観察します。ミヤマは樹の股や何も無い樹の幹の真ん中でも交尾後にメスをメイトガードしてじっとしている事があります。

それでもミヤマを発見出来ない場合は樹の根元を観察してみましょう。ミヤマの死骸が落ちていることがありますからミヤマの死骸を発見したら、もう一度樹の上を良く観察します。

見る角度や立ち位置を変えると樹の股や瘤の上にミマヤの姿が見える事もありますが仮にミヤマが付いているのが見え無かったとしましょう。でも未だ諦めてはいけません。

最後に樹の幹に力いっぱい蹴りを入れます。ミヤマが見えない場所に付いていれば蹴りのショックに驚いて落ちて来ます。

ここまでの方法で道端の樹で採集できたなら山の中も探索したくなるものですが山の中では方角が分らなくなり遭難の危険があるのでGPS機器と非常用の装備がある場合以外は止めておきましょう。

以上の行程を繰り返していればミヤマは採集出来る筈ですがクヌギ等のミヤマの付く筈の樹を10本以上回ってミヤマが採集出来ず樹の根元に死骸も落ちて居ない場合はその周辺にはミヤマが居ないか居てもごく僅かなのかも知れません。この場合は探索場所を大きく移動する必要があります。

次はどういう行動に移るか?この時点で未だ時間に余裕がある場合(未だ正午前後とか…帰宅に掛かる時間等で変化すると思いますが…。)は縦の移動をします。

具体的には標高が低い場所を探索していたなら標高の高い場所へ。標高の高い場所を探索していたなら標高の低い場所を探索します。

それでもミヤマが見つけられない又は最初の探索が終了した時点で日没が近くなっていた場合は…その日の夜も探索可能な場合は当日の夜に、当日が無理な場合は日を改めて街灯廻りをしてみましょう。

四っつ、街灯採集。闇雲に街灯を探して自動車等を走らせても効率が悪いのでまずは地図を見て場所の絞込みをします。

地図を用意したら地図から街灯の有る又はありそうな場所をピックアップして行きます。探すべき施設等は次の通りです。

公園その他の公共施設、水力発電所、コンビニエンスストア、商店、温泉街、その他観光名所、道の駅、ゴルフ場、学校。各施設等の攻略方法は下記の通りです。

公園その他の公共施設

公園の場合は四方を山に囲まれているのがベストですが山脈が連なっている様な場所の端っこなら完全に山に囲まれていなくてもミヤマが飛来する可能性は高いです。※これはどの施設にも言える事です。

その他の施設としては老人ホームや養護施設などの駐車場や施設の入り口は防犯目的で一晩中明かりが点いていればミヤマが飛来する可能性は高いです。

水力発電所

施設の入り口や周辺に街灯が設置されているので高確率でミヤマが飛来します。

コンビニエンスストア

結構当たり外れが有りますが街灯廻りでは定番ですね。やはり山の近くにあるほどミヤマの飛来率は高いようです。

商店

夜でも店頭の自販機は明かりが点いていますのでミヤマが飛来します。※グーグルマップで検索にも掛かりますので普通の民家の前等に設置してある自販機よりは探し易いです。

温泉街

旅館や土産物屋が有る通りには街路灯や自販機がありますので意外な穴場です。

その他観光名所

有名な滝の付近や山上湖の付近は旅館や土産物屋が有り街路灯や自販機がありますので温泉街同様に穴場です。

道の駅

自販機等の灯りにミヤマが飛来します。

ゴルフ場

入り口や駐車場の灯りが一晩中点いている所ならミヤマが飛来します。

学校

入り口やグラウンドの端っこ等に防犯用に明かりが点いているのでミヤマが飛来します。※但し地元住民に通報されて警察官の人に職務質問を受ける確率が非常に高いので子持ちの方限定ですね(盛夏なら子供を連れて網と懐中電灯持っていればうろうろしていても騒がない限り地元住民の方も放置してくれるでしょう。)。

その他の街灯採集での注意事項。

廻る時間。ミヤマはカブトやドルクス属(オオ、アカアシ、ヒラタ等の属するグループ)と違って早い時間から飛来しますので午後9時過ぎには巡回を始めましょう。

身分証明書の携帯。たまに警察官の人から職務質問されますが持っていないと長時間拘束されますので必ず携帯しましょう。

近くに樹は無いか?沢山クワガタの飛来する場所は案外直ぐ近くに樹液を出している樹があったりしますので周辺を見回してみてください。※樹液は出ていなくても街灯の側に樹があれば枝にクワガタが付いている事もありますので良く観察してください。場合によっては磯玉網の柄で枝を軽く叩けば見えなかったクワガタが落ちて来る事もあります(枝を折らない様に注意して叩いてください。住居や商店の敷地に生えている樹だと器物破損で訴えられる場合も有り得ます。)

標高600m以下の山地にてクワガタを拾った街灯の周辺で日中に樹液を出している樹を探索する場合。

クワガタは種類によって差は有りますがメスで一キロ程度、オスは五百メートル程度しか一度の飛翔では飛べませんので拾った場所から最長でも一キロ程度の範囲での捜索になります。

上記の範囲内で手頃な山道(市道、林道、等の車道。)を地図を見て探しだし自動車で捜索する場合は後続車に注意しながらクヌギ等を探します。後は三つ目の項目と同様に探索します。

もしも地図上で山の名前が確認出来る様ならネットで検索してハイキングコースや遊歩道が無いか調べて見ましょう。上手く見つかれば探索が捗ります。

それから探索する時間ですが一箇所に固執せずある程度捜索したら見切りをつけて次々と捜索しましょう。ミヤマの場合は四方を山に囲まれた場所を探索する事が多いですから自分が想定した所とは違う場所から飛んで来ている事も考えられます。

探し出したミヤマの飛来する街灯が標高1000mを越える高地だった場合。

1000mを越える様な高地に飛来するミヤマは日中はミズナラ、ウダイカンバ、カエデの仲間(私も未だ一例しか発見例が無く詳しい樹種までは判りません。)の枝に付いていますが道端の全ての樹にミヤマが付いている訳でもないですし全ての樹を蹴って行く訳にも行かないのでルッキング採集が主体になります。

ミズナラの樹を見る場合は幹から枝先まで隅々まで見ますが大抵は高所に居ますので磯玉網は柄が8m以上の長い物が必要です。

ウダイカンバの樹は私の経験では若木の枝にも成木の枝にも付きますが幹に付いている所は見た事がありません。基本的に枝先の二股になっている所の蛾の幼虫が寄生している部分に染み出ている樹液を吸汁していますがメスはヒメオオやアカアシと同様に枝を自分で齧って染み出る樹液を吸汁している事もあります。

カエデの仲間の樹の場合はウダイカンバと同様です。

標高600mから1000mの山地にてクワガタを拾った街灯の周辺で日中にミヤマの居る樹を探し出す場合。

残念ながら私は600mから1000mの標高の場所ではミヤマは街灯採集でしか採集した事が無いので確定的な事は言えません。

ネットで調べるとクヌギもコナラも標高1000mくらいまで自生するそうなのでヒントは樹液を出す原因の虫にあると思います。

■標高500m以上の地域は熊が出ますので必ず熊鈴を付けましょう!

五つ、道具について。

無いと話にならないのが磯玉網(4mから10m超の長い柄のタモ網。)です。ミヤマは大型になるほど樹の高い場所に居るので柄の長いタモ網は絶対に必要です。※直径50Cmを超える様な太い樹は蹴っても振動がクワガタに伝わりませんし木の下が藪だと落としたクワガタを見失ってしまいます。

私の場合は上の商品と同様の物に下の画像の自作のタモ網を取り付けて使用しています。

201212016001

201212016002

201212021002

201212021001

網の支柱は三角錐を逆様にした形態で開口部の周辺にプラスチックの管を被せてあり樹の幹の上を下から上に滑らせてクワガタを開口部に落とし込む作りになっています。

懐中電灯(LEDライト)

SF-352X3は今後購入予定のモデルです。以前から使用していたSF-533XXは製造終了でアマゾンでは取り扱わなくなったようです。リンクは今後購入予定のタイプを貼りましたので参考にしてください。単二電池使用なのでスペーサーを使用すれば更なる軽量化も可能です。

ヘッドライトタイプは両手をフリーにしたい時に重宝します。

街灯採集では結構明るい場所から離れた暗い場所にクワガタが落ちている事もあるのででなるべく軽量で強力なライトを用意しましょう。

安全の為に必要な道具

ポイズンリムーバー 蜂に刺されたり毒蛇に咬まれたりした際に毒を吸い出す器具です。

熊よけの鈴 標高500m以上の山には熊も生息していますので事前に情報収集して熊の出没記録の有る地域では必ず携帯して下さい。※標高1000m以上の地域の森林にはほぼ間違いなく熊が生息しています。

蛭(ヤマビル=地上性の吸血性ヒル。)を寄せ付けない為の薬剤 ヤマビルは近年、鹿の増殖と拡散に伴って生息域を広げています。ミヤマ同様に冷涼湿潤環境を好むのでミヤマ採集では厄介な存在です。

虫除け 私は容器の頭部にスポンジが付いていて直接塗るタイプを好んで使用しています。※街灯採集では、こちらで十分です。

蚊取り線香 蚊の多い山で日中に探索する場合は必需品です。日中は虫除けは汗で流れてしまいますからね。

防虫ネット 猛烈に蚊の多い山では、これじゃないと駄目な場合があります。

ウォーターガン クワガタの付いている樹にスズメバチが居た場合にスズメバチに水を掛ける為の装備です。ハチは濡れると羽が乾くまで飛べなくなりますから安全に採集が続けられます。それに無意味な殺生をせずに済みますしね。

山の中に分け入る場合に必要な道具

GPS機能付きのタブレットパソコン グーグルマップで自分の位置が分るので紙の地図より良いですし道の無い場所を探索する場合は凄く役立ちます。

注意点としては電波が入らないと地図の更新が出来ないので電波の入らない場所に行く時は事前に電波の入る所で地図を読み込む必要があります。

トレッキングシューズ、マウンテンブーツ 長時間に渡って山中を探索する場合は登山用の靴の方が疲れを軽減できるのでお勧めです。

ラバーブーツ(長靴) ヒルの多い山では必需品です。

コンパス 山の中では方向が分かり難いので必需品です。

非常用具、非常食、飲料水 万が一に備えて携帯して置くと安心ですが過信して無理はしないようにしましょう。

雨具(合羽) 山の天気は変わり易いですし雨天時は平地より冷えますので最低でも携帯用のコンパクトタイプの物は携帯しましょう。

■アマゾンのリンクに関しては特にお勧めしている物以外は適当にセレクトしていますので下のサーチボックスから検索して予算に合わせた物を購入して下さい。

余り安すぎる物は「安物買いの銭失い。」になりますので予算に合わせて中間の価格帯から選択するのがベターかと思います。

にほんブログ村 その他ペットブログ クワガタへ
にほんブログ村

-お願い-

お時間のある方はランキングサイトの投票やブログパーツのクリックをお願いします。

このブログは夏場はそこそこアクセスがあるのですが冬季は閑古鳥が鳴いている状態で春と秋も「冬よりはまし」って状態でして私自身のモチベーションを維持するのが大変困難なのです。

今後は作成済みのクワガタの種類別採集方法の記事にも「採集現場の画像」を追加していく予定ですがモチベーションが上がらないと「まぁ画像は保存だけしておいて次の冬になってからアップすれば良いか?」ってなってしまうので是非とも投票や評価やクリックをお願い致します。

それからアマゾンのリンクに関してですが私自身アマゾンを良く利用していて便利に感 じているのでリンクを張ってあるのですがブログの記事の作成自体も結構時間が掛かっていて出来れば多少は時間に対する対価も欲しいので可能でしたら、この ブログで紹介している物は貼ってあるリンクから直接購入して頂けるとありがたいです。※水中カメラを購入して水生生物の撮影とかしてブログで動画を公開す るとか出来ますし…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月12日 (月)

飼育動物増殖中!!

ここ数年は夏になると山に行くのですが普段平地に住んでいるので見慣れない生き物も多く見るのですが、見つけるとついつい連れて帰ってしまいます。

201211012000

↑イシガメの小亀四匹とクサガメの小亀二匹。イシガメは一昨年に山間部の排水路の一部の水溜りで採集しました。イシガメは陸生が強いので元々山間部では小亀の内だけ水生なのか、それともミドリガメに追われて生活様式を変化させたのか…。
クサガメは今年の春に近所の池で採集。この個体はイシガメの水槽に入れる川海老やタニシを採集に行って見つけて捕獲しました。
近所では数十年前はイシガメもクサガメも普通に見かけましたが近年はミドリガメが増えて国産亀は駆逐されてしまったと思っていましたが未だ生き残っていたんですね。
まぁ最近ペットショップで売っているクサガメは大陸産だそうなので誰が放した個体が増殖した可能性もありますが…。
因みに夏場は二匹づつ水槽で飼育していたのですが餌を食べる量の差なのか成長差が激しいのでタコ飼いに変更しました。
竹製ピンセットから直接餌を食べてくれる個体は成長が早く成長の遅い個体の倍くらいの体重なので一緒に飼育していれば成長の遅い個体も見真似して竹製ピンセットから餌を食べてくれないかなと期待しているのですが…。

201211012001

↑以前は軒下に水槽を並べて天然の紫外線を浴びれる様にしていたのですが冬に備えて屋内に移動するついでにタコ飼いに変更し水場と陸上を分けるケージにしました。
元々はクワガタの飼育庫だった物に手を加えただけなので左程手間は掛かりませんでした。
ケージ前面は観音開きの扉になっていて密閉出来ますしパネルヒーターも設置しているので寒さが苦手なクサガメも風邪をひく事もなく安全に越冬できます。

201211012002

↑ケージをやや上方から撮影。紫外線ライト13W×2、防滴バスキングライト50W×2補助ライトLED電球7.2W×1。

201211012003

↑ケージの左半分を上から撮影。
水場は45㍑コンテナ水深が深いので寝る時に呼吸し易い様に適当な深さの位置に人工芝を吸盤で固定しています。

201211012004

↑ケージの右半分を上から撮影。
水場は22㍑コナテナ。こちらの方が水量が少ない分だけ水温が安定しているのか夜はこちらに居ることが多いかな?

201211012006

↑ヒダサンショウウオの成体。ヒメオオ採集でブナ帯に行くと魚が入っ来れないような細い沢で幼生を良く見掛けますが幼生が居れば成体も居る筈なのでヒメオオ探索で登った山でヒメオオが居なかった山を下山した時に探索して採集しました。

201211012005

↑しかし成体はこの個体一匹しか採集できず…ヒメオオが居なかった山での採集なのでもう同じ山に行く事は無いし渓流で産卵する種類だからブリードも難しいしオークションに出すかなぁ…。

201211012008

↑こちらは幼生で採集して飼育で上陸させたヒダサンショウウオの幼体です。

201211012007

↑数頭居るので数年後にはペアリング出来ると思いますが自宅で渓流を再現するとなると手間が掛かりそうですね(苦笑。

201211012010

↑街灯で拾ったタガメの♂です。
残念ながら連れて帰る途中で弱らせてしまい死んでしまいました。無念。

以下は宣伝のコーナーです(笑。※何時もの様に藤見先生とチャンピオンRED関連です。



チャンピオンRED12月号では「家電探偵は静かに嗤う。」のドラマCDが付録として付いてきます。
なんとメインヒロインのアンヌ役は日笠陽子さん。他のキャストも豪華メンバーでお得な仕様になっていますので要チェックです。

 

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 5日 (月)

今夏の採集成果と近況報告

ご無沙汰しています。水夢です。
前の更新から八ヶ月程過ぎてしまいました。6月7月8月9月の各月は昆虫採集で忙しいので仕方ないのですが3月4月5月10月は何かしら更新するべきだったなぁ…と反省しています。
まぁ前置きはこのくらいにして今回はタイトル通り「今夏の採集成果と近況報告」です。

201211001ho055001

↑ヒメオオクワガタ♂55mm顎先が磨耗していなかったらもう0.5mm大きかったのですが…兎に角、自己最大記録の個体です。

201211002ho053001

↑ヒメオオクワガタ♂53mm

201211003ho051001

↑ヒメオオクワガタ♂51mm※撮影する時にノギスがずれてしまい目盛りが50mmを指していますがサイズは51mmです。

201211004ho055002

↑ヒメオオクワガタ♂55mmを手の平に乗せてみました。このサイズになると横幅も出て来てカッコイイでしょ?

201211005ho003001

↑今年採集したヒメオオクワガタTOP3、50mm越えの個体はこの三頭。その他に自己採集の自己最大記録を更新出来たのはミヤマ72mm、スジクワ33mmです。
それから今年はクワガタ以外にもタガメやサンショウウオも採集しました。次回の更新ではこちらについて記事を書きます。

以下は宣伝のコーナーです(笑。※何時もの様に藤見先生とチャンピオンRED関連です。



チャンピオンRED12月号では「家電探偵は静かに嗤う。」のドラマCDが付録として付いてきます。
なんとメインヒロインのアンヌ役は日笠陽子さん。他のキャストも豪華メンバーでお得な仕様になっていますので要チェックです。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月29日 (水)

「家電探偵は静かに嗤う」チャンピオンREDコミックス第1巻発売決定!

家電が事件を解く! 新感覚ミステリー誕生!!の謳い文句を引っさげて、『電探偵は静かに嗤う』のチャンピオンREDコミックス第1巻発が売決定です!

出来るだけ書店に予約して購入する事をお勧めします。
出版社が重要視するのは書店での売れ行きですので続刊が刊行される為には書店での売れ行きが大事ですので是非、書店で予約購入して下さい。
因みにREDコミックスはコンビニでは中部地域ではスカーフェイス以外は取り扱いが無い様なのでご注意ください。

作者情報等はブログ内にリンクが貼ってありますのでご参照ください。
それから夏に名古屋で毎年恒例の藤見先生のサイン会が開催されると思いますので下記のリンク先も定期的にチェックする事をお勧めします。
因みに前々作の「ベクター・ケースファイル」の連載時には作画担当のカミムラ先生も数回ゲスト参加していたので、もしかしたら…。※この辺は不確定要素なので各関係への問い合わせは厳に慎んで下さい。
http://black-out.jimdo.com


電探偵は静かに嗤う。はチャンピオンREDにて連載中です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年1月22日 (日)

2012年冬季のTVアニメは豊作?

今更ですが明けましてあめでとうございます。
いやブログを再開したのは良いのですが更新の頻度が低くてすみません。タイミング的にはチャンピオンREDの発売後~になっていますが暫くはこんな感じです。

で、今月の「家電探偵は静かに嗤う」は最近流行のスマホ絡みのお話でGPS機能を悪用した犯罪を解決するお話でした。
ネタバレになるので詳しい事は割合しますが藤見先生の基本方針であるハートフルな落ち?は健在で安心して見ていられますね。


次はタイトル通りに2012年冬季の新作アニメに付いて。今期は面白い作品が多いですね。継続して視聴する予定なのは下記の通りです。

ハイスクールD×D

一言で言えばエロアニメです(笑。しかしメインヒロンの中の人は本人は○○なのに巨乳キャラを演じる事が多いですね(苦笑。

あの夏で待ってる

お願いシリーズのスタッフが再集結している様ですが続編なのかは今の所あやふやですね。お願いシリーズが好きな人にはお勧めです。

輪廻のラグランジェ

好物のロボット物ですがロボのデザインは今一好みではないですね。今後のストーリー展開次第では視聴打ち切りかも…。

モーレツ宇宙海賊

ナデシコの監督さんが監督している作品なので期待値は高いですがキャラデザが自分の好みから少しずれているのが残念です。

偽物語

化物語の続編です。前作同様面白いので継続視聴。

http://nicoviewer.net/sm16732098

↑面白い動画を見つけたので…マヨイとQBを混ぜるというなんとも…(笑。

戦姫絶唱シンフォギア

歌いながら戦うのは斬新な設定だけど全体的にテンポが悪いような…。

パパのいうことを聞きなさい!

主人公の大学の巨乳先輩の出番が今後ないなら切るかも…。

キルミーベイベー

EDがなんか気に入りました。

ゼロの使い魔F

まぁ前作も見ていたので…こちらもEDが秀逸です。

テルマエ・ロマエ

あと一回で終わりみたいですけど原作も読んでみたいですね。

それと去年の夏は頻繁に泊まりで高地に昆虫採集に行って、その時に良く温泉に入ったのでなんか親しみが…。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«今年も残り僅かですね。