« なんかヤルコトが溜まってきた感じ・・・。 | トップページ | 本土ノコギリをカワラタケ菌床に投入・他 »

2005年10月18日 (火)

菌床詰め詰め・他

昨日はカワラタケ菌床の詰め替えをしました。

皮膜の厚くなるカワラタケ菌床を詰める為に容器はコバエシャッターのミニを専用の仕切りに鋸で通気用の切れ目を入れた物を二枚使って真ん中で仕切って一ケースに幼虫二頭を入れます。

皮膜が厚くなって通気が悪くなった時に幼虫が自分で皮膜を食い破って通気を確保することを狙ってるのですが巧く行くかはやってみないと解りませんね。

去年にカワラタケ菌床を初めて使う際に本土ノコギリの幼虫飼育に利用してみて皮膜の処理が面倒に感じたのと水分が抜け易かったので通気と加水の事を考えて工夫してみたのですが未だ改良の余地が有りそうです。

カワラタケ菌床の厚い皮膜と水分の抜けやすさの問題がクリアできれば多湿を好むノコギリ系ヒラタ系の幼虫飼育も今迄より好結果が出るかもしれません。

次は漫画ネタを・・・めぞん一刻が実写ドラマになるようです。最近のTVドラマって1クールで終わってしまうので何となく不安だ・・・実写映画版の様に登場人物の数を絞って無理に短い話にしそうだなぁ・・・。

めぞん一刻はTVアニメのLDBOXも持ってるほど好きな作品なので出来ればTVドラマも良い作品にして欲しいです。

|

« なんかヤルコトが溜まってきた感じ・・・。 | トップページ | 本土ノコギリをカワラタケ菌床に投入・他 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111894/6451647

この記事へのトラックバック一覧です: 菌床詰め詰め・他:

« なんかヤルコトが溜まってきた感じ・・・。 | トップページ | 本土ノコギリをカワラタケ菌床に投入・他 »