« ローゼンの声優さんをサイカチのキャラに当てはめてみよう。他 | トップページ | サイカチ新キャラ六条清水に萌えよ!!・他 »

2006年2月21日 (火)

カワラタケ菌床の使用方法の工夫。

今回は新しいカワラタケ菌床の使用方法の紹介です。

簡単に説明すると菌床の容器にコバエシャッター・ミニを使用して菌床を詰める際に側面に空間を空けて中の幼虫が自分で通気口を開けれるようにします。

これでカワラ菌床特有の分厚い皮膜の処理の手間が省けます。

※注意点としては空気に触れる面積が増えるためカビが発生しやすくなるので管理温度を低めに設定するなどの工夫が必要です。

以下は画像を交えての説明です。画像をクリックすると拡大表示されます。

↓下の画像は使用前の状態です。↓

↓菌床を詰める際にメーカーオプションの仕切り板を入れて菌床とケースの壁面に空間が開くようにします。↓

008

010仕切り板の数は両端に一枚づつと中央に五枚入れます。

使用する際は中央に一枚だけ仕切り板を残し一つのケースに二頭の初齢または2齢の幼虫を入れます。

3齢幼虫の飼育に使用する場合は菌床を詰める際に中央に仕切り板を入れずに詰めます。

↓下の画像は仕切り板を中央の一枚だけ残し幼虫を投入できる状態です。↓

012

013

現在は本土ノコに使用していますが未だこの方法で羽化まで行ってないので折を見て経過報告します。

|

« ローゼンの声優さんをサイカチのキャラに当てはめてみよう。他 | トップページ | サイカチ新キャラ六条清水に萌えよ!!・他 »

コメント

こんばんわぁヾ(*^▽^*)〃
最近、よくブロク見せていただいてますm(__)m
現在タランドゥスのセットを組んでます。卵産んでるといいのですが・・・(^^ゞタランドゥスもこのカワラ菌糸の つめかたに適すでしょうか?思いもよらないグットアイディアですね。私もしてみようと思います。といいますか、卵産んでたらね(*´▽`)> 

投稿: つき | 2007年6月13日 (水) 23時13分

勿論タランにも使えると思いますよ。私の方は現在スマトラヒラタを入れてますが今回はケースの底に直径2mm程度の通気穴を六個ほど開けて雑虫侵入防止にタイベスト紙を貼り付けて通気を更に確保する実験をしてます。
※幼虫を入れる時は通気穴が菌糸の皮膜で塞がらない様に幼虫の糞や産卵木のカスを多めに入れます。
ただしコレをやる時は一旦菌糸をケースから取り出さないといけないのが難点ですが・・・特に今回はブナ微粒子とブナ大粗粒子を二層に分けて詰めたのでブナ微粒子がケースから取り出す時に崩れてしまい大変でした。
ブロックを崩して詰める時にケースの内側にビニールシートを挟むと良いかも知れません。

投稿: 水夢 | 2007年6月14日 (木) 05時40分

お返事ありがとうございます^^
ケースから取り出すときに崩れたんですかぁ!!
それはショック!(*v_v)…。今日、成虫の餌交換に熱中していたところ、ふとタランのセットをのぞくと・・・メスとオス一緒に掘り込んであるのですが、メスが産卵木をかじって、トンネル状になっているところを、オスが通り抜けているのを発見☆おもわず爆笑wwつぼにはまってしまいました。こんな調子で卵を産んでくれるのかは謎が深まるばかりですが(^^ゞムシの行動をみてると、思わず笑ってしまう、そんな事ありませんか??そんな行動を見るのが楽しみの一つになってます。 

投稿: つき | 2007年6月14日 (木) 22時47分

お返事ありがとうございます^^
ケースから取り出すときに崩れたんですかぁ!!
それはショック!(*v_v)…。今日、成虫の餌交換に熱中していたところ、ふとタランのセットをのぞくと・・・メスとオス一緒に掘り込んであるのですが、メスが産卵木をかじって、トンネル状になっているところを、オスが通り抜けているのを発見☆おもわず爆笑wwつぼにはまってしまいました。こんな調子で卵を産んでくれるのかは謎が深まるばかりですが(^^ゞムシの行動をみてると、思わず笑ってしまう、そんな事ありませんか??そんな行動を見るのが楽しみの一つになってます。 

投稿: つき | 2007年6月14日 (木) 22時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111894/8765989

この記事へのトラックバック一覧です: カワラタケ菌床の使用方法の工夫。:

« ローゼンの声優さんをサイカチのキャラに当てはめてみよう。他 | トップページ | サイカチ新キャラ六条清水に萌えよ!!・他 »