« 緊急指令・藤見先生の漫画のファンをブリードせよ!(スミマセンふざけたタイトルですが中身は真面目なクワカブブリードの話です。) | トップページ | 4月 9日 (日)の記事の補足「その二」。 »

2006年4月11日 (火)

前回2006年4月 9日 (日)の記事の補足「その一」。

前回2006年4月 9日 (日)の記事が割と大雑把でしたので、何回かに分けてその補足をします。

「その一」

■昆虫フィールド編

「鍬道」 特に参考なった回は8話「スキルを上げよう」13話「ビン交換しよう!」23話「カワラ系菌糸ビンってナニ?」です。

8話「スキルを上げよう」

単一の種類(属)を飼育するより可能な範囲で複数の種類(属)を飼育する方がスキルアップの近道である。この話はナルホドと思い自分も実践するようにしています。

13話「ビン交換しよう!」

ブナベースの菌糸ビンは根喰い系の幼虫飼育に向いてるという事でギラファの幼虫飼育にブナ主体の菌床を使用した結果115mmの個体が羽化しました。

23話「カワラ系菌糸ビンってナニ?」

自分もドルクス系にはヒラタケ系の菌床を使用するのが当たり前だと思ってましたがコノ話を読んでヒラタにも使ってみる事にしました。

基本は大事ですがチャレンジもしないとスキルアップは望めませんからね。

「菌糸瓶の常識非常識」特に参考なった回は第十回「培地の核心に迫る!」です。

「培地の核心に迫る!」 実はヒラタケ系の菌はクヌギ・ナラのオガ粉を分解するのが苦手でその為にヒラタケ系の菌+クヌギ又はナラの組み合わせの菌床は持ちが良いのである。

逆にブナ又はエノキのオガ粉はヒラタケ系の菌に分解され易く劣化が早いので根喰い系の幼虫飼育に適している。

では後は「その二」に続きます。

|

« 緊急指令・藤見先生の漫画のファンをブリードせよ!(スミマセンふざけたタイトルですが中身は真面目なクワカブブリードの話です。) | トップページ | 4月 9日 (日)の記事の補足「その二」。 »

コメント

今回も、ご指導有難う御座います☆

ブナですね~♪了解しました!

工夫してみます☆

投稿: レイザーラモンSG | 2006年4月11日 (火) 09時58分

情報が小出しになってしまってスミマセン。
記事にしてみて改めて思い出してる部分も多いので・・・。
ギラファに使う菌糸ビンは選ぶのが結構悩ましいですね、最近は国産オオクワ用やカワラ菌糸の物が多くてアンテ・ヒラタ・ノコギリ等の根食い系用の菌糸ビンは少ない感じなので・・・。
水分(50%~55%位が理想かな)と使用する添加剤の使用方法等(トレハロースで活性を下げるかブドウ糖で活性をあげるか、どちらにするのが良いのか悩ましい)が問題ですね。

投稿: 水夢 | 2006年4月13日 (木) 09時31分

はじめまして。
レイザーラモンSGさんのところから来ました。
すごい興味深い記事でクワカブ初心者マークの私は何処まで理解できるか分かりませんが、これからもちょくちょくお邪魔したいと思います。
コンビニネタは面白いです^^
そうそう、鍬道、サイカチ、早速明日本屋で探してみます^^


投稿: D.M.father | 2006年4月14日 (金) 22時19分

D.M.fatherさん、はじめまして。

コメントありがとうございます。

私も始めたばかりの頃は読んでも理解できない記事は多々ありました。
ある程度知識が蓄えなれてから分らなかった記事を改めて読み返すと突然理解出るようになったりします。

サイカチと鍬道は是非読んでみてくださいね。サイカチは本屋に無くても取り寄せて貰えばすぐに入ると思いますが鍬道は流通ルートが特殊らしいので昆虫専門店の書籍コーナーか通販の方が早く入手できるかもしれません。

それでは今後ともよろしくお願いします。

投稿: 水夢 | 2006年4月16日 (日) 02時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111894/9531909

この記事へのトラックバック一覧です: 前回2006年4月 9日 (日)の記事の補足「その一」。:

« 緊急指令・藤見先生の漫画のファンをブリードせよ!(スミマセンふざけたタイトルですが中身は真面目なクワカブブリードの話です。) | トップページ | 4月 9日 (日)の記事の補足「その二」。 »