« 中日ドラゴンズ、マジック点灯か?他 | トップページ | ドラゴンズがんばれ! »

2006年8月15日 (火)

今年もクワガタ達が羽化し始めました。

本来なら初夏にはクワガタ達は羽化してるものですが家の場合は近年は晩夏から晩秋にかけて採卵する事が多いので羽化の時期もそれなりにずれ込むようです。

そんな訳で羽化してきているのは一昨年採卵した二年一化のオオクワ、本土ノコギリ、スマトラヒラタ、ギラファです。

羽化してきた中で興味をそそる結果が出てきたのが本土ノコギリとスマトラヒラタで幼虫飼育にコバエシャッターに詰めたカワラ菌床を使用した個体たちです。

本土ノコギリは未だ羽化して一ヶ月以上経過していないので昨年羽化させた本土ノコギリとの具体的な比較結果は出せませんがケース越しに見た感じでは今年羽化した方が大きい様に見えます。

スマトラヒラタは未だメスしか羽化してないし今回初めて幼虫飼育をしたので比較対照がありませんが羽化したメスの大きさは47mmだったのでなかなか良い結果だとおもいます。

オスの方は未だ幼虫ですがコバシャのミニで飼育している個体の餌交換をした時は39gと47gで体色も横化しておらず未だ大きくなりそうなのでもしかしたらスマトラ初飼育で90mmオーバーが出るかもしれませんね。※コバシャの小で飼育している幼虫達は未だ餌が劣化してないので体重測定はしてません。

カワラ菌床は皮膜が厚くなるので幼虫の呼吸を阻害しないために定期的に皮膜の除去をする必要がありますがコバシャに詰めれば(詰め替えの時に仕切り板で隙間を作る必要あり)その作業も必要なくヒラタケ系菌床と変わらない感覚で使用できるので今後は使用比率が高くなりそうな感じです。

そんな訳で今年の晩秋から来春にかけては自作菌糸瓶はカワラタケ系も作ろうと思います。

しかし・・・カワラタケ系の残る問題点は温度管理がヒラタケ系よりシビアな点でしょうか・・・夏場の電気代が掛かるなぁ・・・。

|

« 中日ドラゴンズ、マジック点灯か?他 | トップページ | ドラゴンズがんばれ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111894/11442602

この記事へのトラックバック一覧です: 今年もクワガタ達が羽化し始めました。:

« 中日ドラゴンズ、マジック点灯か?他 | トップページ | ドラゴンズがんばれ! »