« 今の趣味はクワカブがメインだけどアニメ漫画は止められません。 | トップページ | 来年は色々なアニメが復活するようですね。 »

2006年9月12日 (火)

インドグランディス産卵確認・他

やっと生みました!インドグランディスのメスが卵を!!

本日オオクワの産卵床からメスを取り出したのですがインドグランディスの産卵床からメスを取り出すために取り上げた産卵木を戻す時に少しマットを掘り下げたら卵が出てきたのです。

グランディスはマットにも卵を産むというのは本当だったようですね。卵自体も中の幼虫が薄っすらと透けて見えて完全に有精卵のようです。

他の産卵床ももう片方のグラン・国産共に産卵している様でホッとしました。

しかしギラファの115mmを種付けしたメスの二度目のセットが不発で幼虫は取れませんでした。

確か最初の産卵床から取れた幼虫が15頭位だったので上手いこと雌雄が分かれて欲しいところですね・・・。

でも親と同様にオオヒラタケ菌床に投入してるのですがこれまた親と同じで成長が悪いです。今回は菌床を詰めなおす時に十分加水したので水分不足とは思えんし・・・そういう血統なのか?

次は採集の話でもミヤマ狙いで愛知県の某所のポイントを開拓していたのですが時期が悪かったのか情報がガセだったのか結局ミヤマは採集できませんでした。

しかし良い経験は出来ましたね同じ愛知県でも私の住んでいる近辺と某所ではクワカブの生息環境が全然違ってました。

まずクワカブの付く木が某所はクヌギが多く樹液を出していたのもボクトウガの幼虫でした。一般的にはクヌギとボクトウガの組み合わせは普通なのでしょうが地元は樫の木とスカシバガの組み合わせなので地域による違いがハッキリと分りました。

もう一つは地元では九月に入るとノコギリクワガタの姿はあまり見られなくなるのに某所では地元のシーズン最盛期と変わらないくらいの個体を観察できました。

やはり山地は発生木が多いのでしょうね。

私は腰が悪いので元々遠出する事が少ないのでこのような違いを実感する事が無かったのですが今後はシーズンに一回くらいは遠征したいですね。

さてこれからは自作の菌糸瓶や産卵材の仕込みの準備が有るので採集に出かけることは少なくるのでこのシーズンのオオクワゲットは無理そうです。

|

« 今の趣味はクワカブがメインだけどアニメ漫画は止められません。 | トップページ | 来年は色々なアニメが復活するようですね。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111894/11865939

この記事へのトラックバック一覧です: インドグランディス産卵確認・他:

« 今の趣味はクワカブがメインだけどアニメ漫画は止められません。 | トップページ | 来年は色々なアニメが復活するようですね。 »