« ローゼンメイデンss第一話の解説。 | トップページ | 最終の幼虫体重計測65gのギラファ蛹を人工蛹室に移動しました。 »

2006年11月14日 (火)

今シーズン最初のギラファ羽化&スマトラヒラタ計測結果、他。

今シーズン最初のフローレスギラファ(ケイスケ亜種)が羽化しました。※孵化から羽化までは14ヶ月一寸です。

54_1

55_5

上の画像が羽化個体で並んでいる個体は作シーズン育てた115mmの個体です。

羽化して間もない状態だったのでノギスは当てずに別個体を隣に並べて大体の大きさを測ったのですが112~113mmくらいでしょうか最初に羽化した個体としては上出来だと思います。

※人工蛹室の段差で遠近差が出て羽化個体が小さく見えますが実際は少し小さい程度です。

次は最終体重計測65gと61g個体が控えているので楽しみです。

それからいつもお世話になっているRRSGさんが「第1回☆ギライド グランプリ開催!!」していますので参加可能な方は振るってご参加ください。

※私はどうしようかなぁ・・・下手すると最終体重計測65gの個体がビークワギネス越え?って事もあり得るし・・・いやコイツの蛹がマジででかいんですよ(瓶越しなのでレンズ効果で大きく見えるだけかも知れんけど・・・。)。

お次はスマトラヒラタです。

56

大きさは92.5mm。孵化から羽化までは8ヶ月でカワラ菌糸で飼育して幼虫飼育温度は21~23℃です。※餌交換は3齢加齢後一週間までクヌギ微粒子600cc→ブナ他微粒子中粒子粗粒子混合の2800ccへの二本孵し。

初めての外産ヒラタとしては中々の成果で満足しています。さて次シーズンはどうやって飼育しようかな。

取り敢えずは飼育温度をもう少し下げるグループと21~23℃管理で餌の菌糸のオガの粒子を粒子の大きさ別に三層に詰めて飼育してみます。

その次はカブチンです。

53

アクティオンゾウカブトの幼虫です。こいつら幼虫期間長すぎ・・・もう直ぐ初ニ齢で幼虫購入して二年になります。羽化するのは更に一年後・・・・・・。

|

« ローゼンメイデンss第一話の解説。 | トップページ | 最終の幼虫体重計測65gのギラファ蛹を人工蛹室に移動しました。 »

コメント

ご無沙汰しております☆

流石水夢さんですね~♪
110mmオーバーとは、素晴らしい!!

65g61g気になりますね~☆
もし参加して頂けるなら、優勝候補本命ですね!

ダイスケの調子はどうでしょうか??
血統がよいのか?SG家の兄弟幼虫達は♂♀共に素晴らしい成長をしております♪

投稿: RRSG | 2006年11月14日 (火) 07時44分

こちらこそご無沙汰しております。

この血統は温度管理と餌交換をしっかりしてれば110オーバーは難なくクリアー出来るようです。

ギライドグランプリは雑誌投稿などの諸事情で流動的ではありますが参加する方向で調整します。

それからダイスケの方は私の所では管理温度が低いせいかメス2頭が3齢に加齢したばかりです。オスは一週間以内には加齢すると思います。

成長が加速するのはこれからですね。

投稿: 水夢 | 2006年11月14日 (火) 20時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/111894/12678841

この記事へのトラックバック一覧です: 今シーズン最初のギラファ羽化&スマトラヒラタ計測結果、他。:

« ローゼンメイデンss第一話の解説。 | トップページ | 最終の幼虫体重計測65gのギラファ蛹を人工蛹室に移動しました。 »