« 今夏の採集成果と近況報告 | トップページ | クワガタムシの種類別採集方法「ミヤマクワガタ」 »

2012年11月12日 (月)

飼育動物増殖中!!

ここ数年は夏になると山に行くのですが普段平地に住んでいるので見慣れない生き物も多く見るのですが、見つけるとついつい連れて帰ってしまいます。

201211012000

↑イシガメの小亀四匹とクサガメの小亀二匹。イシガメは一昨年に山間部の排水路の一部の水溜りで採集しました。イシガメは陸生が強いので元々山間部では小亀の内だけ水生なのか、それともミドリガメに追われて生活様式を変化させたのか…。
クサガメは今年の春に近所の池で採集。この個体はイシガメの水槽に入れる川海老やタニシを採集に行って見つけて捕獲しました。
近所では数十年前はイシガメもクサガメも普通に見かけましたが近年はミドリガメが増えて国産亀は駆逐されてしまったと思っていましたが未だ生き残っていたんですね。
まぁ最近ペットショップで売っているクサガメは大陸産だそうなので誰が放した個体が増殖した可能性もありますが…。
因みに夏場は二匹づつ水槽で飼育していたのですが餌を食べる量の差なのか成長差が激しいのでタコ飼いに変更しました。
竹製ピンセットから直接餌を食べてくれる個体は成長が早く成長の遅い個体の倍くらいの体重なので一緒に飼育していれば成長の遅い個体も見真似して竹製ピンセットから餌を食べてくれないかなと期待しているのですが…。

201211012001

↑以前は軒下に水槽を並べて天然の紫外線を浴びれる様にしていたのですが冬に備えて屋内に移動するついでにタコ飼いに変更し水場と陸上を分けるケージにしました。
元々はクワガタの飼育庫だった物に手を加えただけなので左程手間は掛かりませんでした。
ケージ前面は観音開きの扉になっていて密閉出来ますしパネルヒーターも設置しているので寒さが苦手なクサガメも風邪をひく事もなく安全に越冬できます。

201211012002

↑ケージをやや上方から撮影。紫外線ライト13W×2、防滴バスキングライト50W×2補助ライトLED電球7.2W×1。

201211012003

↑ケージの左半分を上から撮影。
水場は45㍑コンテナ水深が深いので寝る時に呼吸し易い様に適当な深さの位置に人工芝を吸盤で固定しています。

201211012004

↑ケージの右半分を上から撮影。
水場は22㍑コナテナ。こちらの方が水量が少ない分だけ水温が安定しているのか夜はこちらに居ることが多いかな?

201211012006

↑ヒダサンショウウオの成体。ヒメオオ採集でブナ帯に行くと魚が入っ来れないような細い沢で幼生を良く見掛けますが幼生が居れば成体も居る筈なのでヒメオオ探索で登った山でヒメオオが居なかった山を下山した時に探索して採集しました。

201211012005

↑しかし成体はこの個体一匹しか採集できず…ヒメオオが居なかった山での採集なのでもう同じ山に行く事は無いし渓流で産卵する種類だからブリードも難しいしオークションに出すかなぁ…。

201211012008

↑こちらは幼生で採集して飼育で上陸させたヒダサンショウウオの幼体です。

201211012007

↑数頭居るので数年後にはペアリング出来ると思いますが自宅で渓流を再現するとなると手間が掛かりそうですね(苦笑。

201211012010

↑街灯で拾ったタガメの♂です。
残念ながら連れて帰る途中で弱らせてしまい死んでしまいました。無念。

以下は宣伝のコーナーです(笑。※何時もの様に藤見先生とチャンピオンRED関連です。



チャンピオンRED12月号では「家電探偵は静かに嗤う。」のドラマCDが付録として付いてきます。
なんとメインヒロインのアンヌ役は日笠陽子さん。他のキャストも豪華メンバーでお得な仕様になっていますので要チェックです。

 

にほんブログ村 その他ペットブログ カメへ
にほんブログ村

にほんブログ村 その他ペットブログ サンショウウオへ
にほんブログ村

|

« 今夏の採集成果と近況報告 | トップページ | クワガタムシの種類別採集方法「ミヤマクワガタ」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 飼育動物増殖中!!:

« 今夏の採集成果と近況報告 | トップページ | クワガタムシの種類別採集方法「ミヤマクワガタ」 »