2016年6月 8日 (水)

ノコギリガザミの採集方法

私がここ数年ハマッているのがノコギリガザミ捕りでクワガタのオフシーズン(10月~翌5月まで。)は海に出掛けています。


そこで今回はノコギリガザミ捕りの方法をレクチャーします。


先ずはノコギリガミ自体について少し。
房総半島以南の太平洋側の主に泥底の河口部に生息(地域によっては砂泥底でも生息している。)。
有名なのは静岡県(ドーマン)、高知県(エガニ)、岡山県(ドテキリ)、三重県(ドテヤブリ)沖縄県石垣島(ガーシメカン)等々。
次に実際何処で捕るかですがその前に上記に挙げた有名産地では漁業権の関係で一般人は採集できない又は採集禁止区域が設定されている地域があるので事前の確認が必要になります。
※念の為、無名産地でも県のホームページ等や地域の漁協のホームページ等で採集しても大丈夫か確認しましょう(地域によっては特定の漁具の使用が禁止されています。)。


では本題に入ります。
ポイント探しの基本として頭に入れておかなければならないのは「ノコギリガザミは温暖な気候を好む。」と云う事です。
いくらノコギリガザミの好む泥底の河口部でもその川の原流域の山が積雪の多い地域だと春になっても雪解け水が流れ込むので海水温が上がらず年間の平均水温も低くなり結果としてノコギリガザミの生息数が少なくポイントを発見するのが困難となります。
※ノコギリガザミは食物連鎖の上位種(硬い甲殻に覆われているので一定の大きさに成長するとほぼ無敵状態。)なので他種の蟹と比較すると個体数は少ない。
ノコギリガザミが多く捕れるのは厳冬期(一月と二月)を除く期間に海水温が16℃を下回らない地域です。
この様な地域でしたら通常の状況なら一晩で一杯(一匹)は可食サイズ(雄700g~3000g雌500g~900g)が捕れるでしょう(好状況なら一晩で三~五杯捕れる事もあります。)。
以上の点を踏まえて考えると源流域の地域の積雪が少なく平野部をゆったり流れる河川で下流域、特に河口近くで河川自体が曲がりくねって支流があったり三日月湖を形成している場所が好適(ノコギリガザミは体躯が大きく水の抵抗が大きく掛かるので川や潮の流れをまともに受ける直線的な地形は敬遠する。)。
※リアス式海岸の地域は山が海辺まで迫っていて砂利底の河口が多いですが丹念に探せばピンスポット的な泥底の場所は見つけられる事もあります。
後は上記の地域を夜間に川辺又は海辺をライトで照らしながら歩き回り発見したらタモ網で掬うだけです。


そうは言っても何時も捕れる訳ではないので良い条件を下記に箇条書きにして書き出します。
・月が出ていない夜。この傾向は大型の雄ほど顕著な様です。
・日没から三時間。昼間は巣穴でじっとしていて夜には「おなかペコペコ状態。」だからではと推測(笑)
・干潮から二時間~三時間。上げ潮に乗って楽に浅瀬まで移動できるから。
・小雨が降っている。やはり水中生物なので気圧の影響を受ける。
・水温が前日より上向いている(夏場はこの限りではない。)。


逆にダメな状況は以下の通りです。
・寒冷前線の通過直後。寒いし風も吹くので話にならない。
・前日より水温の下がった日(真夏はこの限りではない。)。
・満月とその前後数日(一週間くらい?)の夜。雌や小柄な雄は活動している事もある。


その他の注意点。
・餌を食べている個体は直ぐには逃げないので慌てるな。ライトに明るさの調整機能があれば弱くする。なければライトを向ける方向を少しずらして強い光が当たらないようにする。
・なにも無い平たんな場所は胴長靴(ウェーダー)を履いて水中を歩行して探索する(蟹も移動中の個体が多く直ぐに逃げ出すので素早い対応が肝要である。)。
・手袋は必ず着用。暖かい海の近くを探索するのでヒョウモンダコに噛まれる危険が僅かにある(タコは基本淡水や汽水を嫌うが絶対に居ない訳では無いマダコは発見したことあり。←美味しく頂きました(笑)。)。


道具
・タモ網はなるべく目の粗いものを使用する(目の細かい網は蟹が認識しやすい。)。
・ウェーダーは場所によって使い分ける。泥底ならラジアル靴底、牡蠣の付いている護岸等を歩く場合はフェルト靴底。
私の場合はタモ網のネット部分は自分で編んでいます。


実際に使用している又は今後使用する予定の道具。
自分は通常は↑の様なヤスのグリップエンドに接続金具を付けて自作のタモ網を接続して使用しています。ノコギリガザミがいなかった場合でも魚を突いて持ち帰って食べます♪



↑の伸縮柄のタモ網とフレームのみの物は今後購入予定。
伸縮柄の方の網はスペックを見る限りでは網目がやや小さいですが多分ノーマル(無改造)でも使用可能かと、自分はフレームのみの物に自分で編んだ網(網目5Cm×5Cm)を取り付けて使用する予定です。



↑のLEDライトは現在使用中の物です。夜の海川の中を照らすのでなるべく明るい方がいいですが獲物が驚いて逃げる事もあるので明るさを調節できる機能のあるものが望ましいです。


↑の物は今後の購入を検討している物。値段が高いのがネック…。


↑はウェーダー(胴長靴)上からカッパの下を履くと牡蠣殻で切って漏水するのを軽減できます。


基本的にノコギリガザミは生息個体数は多くはない種類(地域差はあります。)なので採集に挑戦する方は最初はモクズガニを捕るついでとか魚釣りの合間に探すとかして無理なくチャレンジしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月 1日 (木)

クラゲスパイラル?他。

一昨日レコダーで予約録画しておいたNHKスペシャルを見ました。

越前クラゲの被害をテーマにしていたのですが、どうやらクラゲの被害は世界各地で起こっていて地球温暖化の影響があるようです。

地球温暖化の影響は将来的にはクワガタやカブトムシにも有ると聞いた事がありますが思ったより近い将来に現実になるのかもしれません。

具体的には低地の環境が昆虫に不適になり高地でニッチェ争いが起こるらしいですがこれに外国産昆虫の脱走・放虫個体が加わるととんでもない事態になるかもしれませんね。

飼育個体の管理には厳重に注意を払いたいものです。

因みにクラゲの異常繁殖は海水の富栄養化も原因の一つと言ってました。これは日本の淡水域でも言われている事で生態系のバランスが崩れた原因の一つとも言われています。

上記の事態に加えてブラックバスの闇放流や淡水真珠貝に利用する為に導入したブルーギルの野生化により事態は更に悪化したしだいです。

私もバス釣りはしますが鯰や鱸などの国産種の魚も釣るのでバスだけを手放しでは擁護できず微妙な感じです。

日本の河川や湖沼からブラックバス等の外国産の魚を減らす事はしなくてはいけない事だとは分かっていても積極的に参加は出来ないと言うのが本音ですね。

最近はバス釣り自体あまり行かなくなりました。去年は数回行きましたが今年は一度も行ってません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年8月 9日 (火)

カブトムシとクワガタの採集地

最近のアクセス解析を見てみると「稲沢市」「カブトムシ」「クワガタ」で検索して私のプログを見に来てくれる方が多いようです。

多分ムシキングの影響で昆虫採集のポイントをネットで探そうとしている親御さんか親子が検索しているのでしょうね。

今は腰の調子がイマイチで自作クーラーの製作も止まってしまっているので今回は愛知県西部と岐阜県南部の揖斐川以東での昆虫採集のキモを解説しましょう。

ではその前に・・・昆虫採集にもルールやマナーが有ります他の採集者や採集ポイントの近隣住民の方に迷惑にならないように注意しましょう。

・大きな音や声を立てたり出したりしない。

・ゴミなどを出さない。捨てるのは以ての外ですが落ちているのを見かけたら拾って帰りましょう。

・樹木を傷付けない。樹液は蛾などの幼虫が寄生して天然酵母などとの複合作用で出る物です。樹木を直接刃物などで傷付けても樹液は出ません。

・トラップなどを使用した後はちゃんと後片付けをしておく。

・木の根元を掘り起したら元に戻しておく。

・必要以上に採集しない。一種類に付1~2ペアで充分でしょう。

・一度飼育した虫は死ぬまで面倒を見る。飼育後のリリースは禁止※その為に必要以上には採集しない。

・採集した虫の子孫(ブリードで増やした虫)もリリースは禁止※一般には放虫と呼ばれます。簡単に言えば捨て虫、野良虫を出す事です。

●番外 昆虫ショップ・ペットショップ・ホームセンター・ネットオークション(個人販売含む)で購入した虫に付いて。

・オオヒラタクワガタに付いて知らない親御さんが居るようなので・・・これはホームセンターや一部のペットショップで使用されている用語ですが外国産ヒラタクワガタの総称として使われてます。

決して大きい国産ヒラタクワガタのことではありません。飼育時には脱走しないように厳重にご注意ください。

・特定外来生物被害防止法(外来生物法)に関する対応。

外国産昆虫の飼育時には脱走に厳重に注意するのは当然ですが国産昆虫も外国産の近縁種と交雑(雑種化)している事が多々ありますので飼育時には脱走に厳重に注意してください。

飼育容器はホームセンター等で売っている物より昆虫専門店などで売っている「コバエシャッター」「スタック」等の専用飼育容器や「Q-BOX」等の蓋のロック機構がある小型のコンテナケース等を使用してください。

さてココからが本題の昆虫採集のキモの解説です。

一般的には「カブトムシ」や「クワガタムシ」が取れる木は「くぬぎとナラ類」が知られていますが愛知県西部(一宮市、稲沢市、愛西市とその周辺市町村)岐阜県南部の揖斐川以東(岐阜市、羽島市とその周辺市町村)では「樫類と柳類」の樹木で取れます。

※勿論「くぬぎとナラ類」でも「カブトムシ」や「クワガタムシ」は取れますが、もともとあまり愛知県西部と岐阜県南部の揖斐川以東では見られない樹種なのでポイントとしてはマイナーです。

・樫類の木が生えているポイント

神社仏閣の鎮守の森の中に良く生えています。樹液を出すのはスカシバ蛾の幼虫が多くクヌギの様な樹皮のめくれは出来ません。

その代わりクワガタは日中は枯れ枝が腐って出来た洞や木の中心部分が寿命で腐って出来た空洞に隠れています。

※余談ですが1980年代までなら、この洞や空洞の中にオオクワガタが隠れていて静かに採集ポイントを狙えば採集することも難しくはなかったのですが今は乱獲で減ってしまって稀に採集できても野良オオクワガタ(捨てオオクワガタ)と判別が付かない状態です。

悲しいことです。

採集方法は日中の内に樹液が出ている木を探しておいて夜になったら樹液に集まっている所を捕まえるだけです。

・柳類の木が生えているポイント

大河川の河川敷に多く生えています。中小河川や池でも大河川ほどでは有りませんが見られます。※護岸がコンクリートでなく土や石なら大河川並みに多く見かけるところも有ります。

河川敷は足場が悪い所が多いのでそういった場所では日中にカミキリムシ等の幼虫が開けた穴や樹皮のめくれに隠れているクワガタや木の根元の土や砂の中に隠れているカブトムシを採集します。

細めの木なら蹴りを入れて枝先の木陰に隠れているノコギリクワガタを落として捕まえるのも良いと思います。

※カミキリムシ等の幼虫が開けた穴や樹皮のめくれは絶対に剥がさないでください。木が弱りますしそこでは二度と採集が出来ません。

掻き出し棒で取り出せない個体は諦めましょう。

また余談になりますが柳でも昔はオオクワガタが採集できましたが現状は神社仏閣と一緒です。

それから日中の下見や採集ではスズメバチに遭遇することが多いのでご注意ください。

2010/07/02追記

先日久し振りに行ったポイントで悲しい事がありました。

ある神社のクワガタ等の甲虫が集まる樫の樹が伐採されてしまいました。

多分立ち入り禁止の張り紙とロープが張って有るのに無視して採集を続けた人が居たために業を煮やした地元の人が切ってしまったのでしょう。

地元民とのトラブルを回避する為にもマナー・モラルを守って採集しましょう。※特に田舎の人は挨拶しない人に厳しいです。田舎では知らない人でも挨拶しましょう。

それから最近採集用のハンドライトを光源がLEDの物に変えました。ハロゲンライトよりコンパクトなのに明るさもLEDの方が上です。

※買ったのは株式会社サンジェルマン製GENTOSスーパーファイアXX SF-533XXです。

本体がアルミの削りだしなので若干重いですが慣れれば大丈夫だと思います。

2012/12/26追記 新カテゴリー「クワガタムシの種類別採集方法」を設置してクワガタの種類毎に採集方法を紹介してますので参考にして下さい。

上は現在使用中のLEDライトです。

SF-533XXは使用電池が単二なので電池スペーサーを使って単三電池を入れて使用していますがかなり軽くなって使い易いです(SF-533XXは生産終了でアマゾンでは取り扱い終了ですが一部のホームセンター等では未だ販売しています。)。

SG-320私は旧モデルを使ってますがコンパクトで携帯性に優れたモデルです。通常は樹液採集で洞の中を照らすのに使うのでヒメオオ採集では予備として持って行きます。

ヘッドライトタイプはGTR-931Hを使用中です。使う機会は少ないですけど両手をフリーにしたい時は重宝しますね。

下は今後購入予定のモデルです。

-お願い-

お時間のある方はランキングサイトの投票やブログパーツのクリックをお願いします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)