2016年6月 8日 (水)

ノコギリガザミの採集方法

私がここ数年ハマッているのがノコギリガザミ捕りでクワガタのオフシーズン(10月~翌5月まで。)は海に出掛けています。


そこで今回はノコギリガザミ捕りの方法をレクチャーします。


先ずはノコギリガミ自体について少し。
房総半島以南の太平洋側の主に泥底の河口部に生息(地域によっては砂泥底でも生息している。)。
有名なのは静岡県(ドーマン)、高知県(エガニ)、岡山県(ドテキリ)、三重県(ドテヤブリ)沖縄県石垣島(ガーシメカン)等々。
次に実際何処で捕るかですがその前に上記に挙げた有名産地では漁業権の関係で一般人は採集できない又は採集禁止区域が設定されている地域があるので事前の確認が必要になります。
※念の為、無名産地でも県のホームページ等や地域の漁協のホームページ等で採集しても大丈夫か確認しましょう(地域によっては特定の漁具の使用が禁止されています。)。


では本題に入ります。
ポイント探しの基本として頭に入れておかなければならないのは「ノコギリガザミは温暖な気候を好む。」と云う事です。
いくらノコギリガザミの好む泥底の河口部でもその川の原流域の山が積雪の多い地域だと春になっても雪解け水が流れ込むので海水温が上がらず年間の平均水温も低くなり結果としてノコギリガザミの生息数が少なくポイントを発見するのが困難となります。
※ノコギリガザミは食物連鎖の上位種(硬い甲殻に覆われているので一定の大きさに成長するとほぼ無敵状態。)なので他種の蟹と比較すると個体数は少ない。
ノコギリガザミが多く捕れるのは厳冬期(一月と二月)を除く期間に海水温が16℃を下回らない地域です。
この様な地域でしたら通常の状況なら一晩で一杯(一匹)は可食サイズ(雄700g~3000g雌500g~900g)が捕れるでしょう(好状況なら一晩で三~五杯捕れる事もあります。)。
以上の点を踏まえて考えると源流域の地域の積雪が少なく平野部をゆったり流れる河川で下流域、特に河口近くで河川自体が曲がりくねって支流があったり三日月湖を形成している場所が好適(ノコギリガザミは体躯が大きく水の抵抗が大きく掛かるので川や潮の流れをまともに受ける直線的な地形は敬遠する。)。
※リアス式海岸の地域は山が海辺まで迫っていて砂利底の河口が多いですが丹念に探せばピンスポット的な泥底の場所は見つけられる事もあります。
後は上記の地域を夜間に川辺又は海辺をライトで照らしながら歩き回り発見したらタモ網で掬うだけです。


そうは言っても何時も捕れる訳ではないので良い条件を下記に箇条書きにして書き出します。
・月が出ていない夜。この傾向は大型の雄ほど顕著な様です。
・日没から三時間。昼間は巣穴でじっとしていて夜には「おなかペコペコ状態。」だからではと推測(笑)
・干潮から二時間~三時間。上げ潮に乗って楽に浅瀬まで移動できるから。
・小雨が降っている。やはり水中生物なので気圧の影響を受ける。
・水温が前日より上向いている(夏場はこの限りではない。)。


逆にダメな状況は以下の通りです。
・寒冷前線の通過直後。寒いし風も吹くので話にならない。
・前日より水温の下がった日(真夏はこの限りではない。)。
・満月とその前後数日(一週間くらい?)の夜。雌や小柄な雄は活動している事もある。


その他の注意点。
・餌を食べている個体は直ぐには逃げないので慌てるな。ライトに明るさの調整機能があれば弱くする。なければライトを向ける方向を少しずらして強い光が当たらないようにする。
・なにも無い平たんな場所は胴長靴(ウェーダー)を履いて水中を歩行して探索する(蟹も移動中の個体が多く直ぐに逃げ出すので素早い対応が肝要である。)。
・手袋は必ず着用。暖かい海の近くを探索するのでヒョウモンダコに噛まれる危険が僅かにある(タコは基本淡水や汽水を嫌うが絶対に居ない訳では無いマダコは発見したことあり。←美味しく頂きました(笑)。)。


道具
・タモ網はなるべく目の粗いものを使用する(目の細かい網は蟹が認識しやすい。)。
・ウェーダーは場所によって使い分ける。泥底ならラジアル靴底、牡蠣の付いている護岸等を歩く場合はフェルト靴底。
私の場合はタモ網のネット部分は自分で編んでいます。


実際に使用している又は今後使用する予定の道具。
自分は通常は↑の様なヤスのグリップエンドに接続金具を付けて自作のタモ網を接続して使用しています。ノコギリガザミがいなかった場合でも魚を突いて持ち帰って食べます♪



↑の伸縮柄のタモ網とフレームのみの物は今後購入予定。
伸縮柄の方の網はスペックを見る限りでは網目がやや小さいですが多分ノーマル(無改造)でも使用可能かと、自分はフレームのみの物に自分で編んだ網(網目5Cm×5Cm)を取り付けて使用する予定です。



↑のLEDライトは現在使用中の物です。夜の海川の中を照らすのでなるべく明るい方がいいですが獲物が驚いて逃げる事もあるので明るさを調節できる機能のあるものが望ましいです。


↑の物は今後の購入を検討している物。値段が高いのがネック…。


↑はウェーダー(胴長靴)上からカッパの下を履くと牡蠣殻で切って漏水するのを軽減できます。


基本的にノコギリガザミは生息個体数は多くはない種類(地域差はあります。)なので採集に挑戦する方は最初はモクズガニを捕るついでとか魚釣りの合間に探すとかして無理なくチャレンジしてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月 2日 (金)

GWか…近況報告。

世間はGW真っ只中ですが某所のバイトが週単位スケジュールの私にはホボ無関係です。

しかし相変わらずクワカブの世話が忙しくてブログの更新が出来なくて申し訳ないです。

何しろ今年はギラファとオオヒラタに加えてオオクワ系のブリードも重なってるしキクロにも手を出したので産卵セットがイッパイです。

その上今月から来月に掛けては空き部屋を仕切ってクーラーを設置して虫部屋を作るのでそちらの作業もあるし…う~ん猫の手も借りたいくらいですよ。

そんな訳でアニメも録画が結構溜まってきてるし、HDDが容量不足になると不味いので取り合えず一話だけは観て見て見る作品は決めてますが殆どPSPで外出先で見てます。

見てる作品でお勧めなのは下記の様な感じです。

続編シリーズ物

コードギアスR2

マクロスF

春の新作

狂乱家族日記

我が家のお稲荷さま

ソウルイーター

絶対可憐チルドレン

xxxHOLiC◆継

特にお勧めなのは狂乱家族日記OPテーマはテンションを上げたい時にうってつけですよ♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年11月14日 (火)

今シーズン最初のギラファ羽化&スマトラヒラタ計測結果、他。

今シーズン最初のフローレスギラファ(ケイスケ亜種)が羽化しました。※孵化から羽化までは14ヶ月一寸です。

54_1

55_5

上の画像が羽化個体で並んでいる個体は作シーズン育てた115mmの個体です。

羽化して間もない状態だったのでノギスは当てずに別個体を隣に並べて大体の大きさを測ったのですが112~113mmくらいでしょうか最初に羽化した個体としては上出来だと思います。

※人工蛹室の段差で遠近差が出て羽化個体が小さく見えますが実際は少し小さい程度です。

次は最終体重計測65gと61g個体が控えているので楽しみです。

それからいつもお世話になっているRRSGさんが「第1回☆ギライド グランプリ開催!!」していますので参加可能な方は振るってご参加ください。

※私はどうしようかなぁ・・・下手すると最終体重計測65gの個体がビークワギネス越え?って事もあり得るし・・・いやコイツの蛹がマジででかいんですよ(瓶越しなのでレンズ効果で大きく見えるだけかも知れんけど・・・。)。

お次はスマトラヒラタです。

56

大きさは92.5mm。孵化から羽化までは8ヶ月でカワラ菌糸で飼育して幼虫飼育温度は21~23℃です。※餌交換は3齢加齢後一週間までクヌギ微粒子600cc→ブナ他微粒子中粒子粗粒子混合の2800ccへの二本孵し。

初めての外産ヒラタとしては中々の成果で満足しています。さて次シーズンはどうやって飼育しようかな。

取り敢えずは飼育温度をもう少し下げるグループと21~23℃管理で餌の菌糸のオガの粒子を粒子の大きさ別に三層に詰めて飼育してみます。

その次はカブチンです。

53

アクティオンゾウカブトの幼虫です。こいつら幼虫期間長すぎ・・・もう直ぐ初ニ齢で幼虫購入して二年になります。羽化するのは更に一年後・・・・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月 5日 (日)

調子が戻らない・・・。

相変わらず腰が痛いです。先週と比べると少しましではあるのですが・・・。

それでもクワカブの世話はしなくちゃイケナイので作業する時は中腰や屈んだ状態で作業をしないように気をつけてます。

特に幼虫の世話は怠ると大きな成虫に羽化しませんから菌床やマットの交換は適期に行なう様に気をつけてます。

そんな訳で体調が悪いので最近は休みの日はアニメ三昧・・・。※取り合えず腰の方は横になってれば痛くは無いので。

今一番楽しみにしているのはコードギアス 反逆のルルーシュいや期待通りの作品です。

未見の方は公式HPで本編の無料配信もしてるので見てみましょう。

現時点で5話まで見ましたが5話から登場の新キャラ(ユーフェミア)の声を南央美さんが担当していて私は嬉しい悲鳴を上げてます。

やはり彼女の声は良いですねぇ癒されます。特に作中で猫に猫語?で話しかけるトコが良い!!

う~ん南央美さんは少年役が多いから少女役で出てる作品はある意味貴重ですよね。

それからローゼンメイデン特別編「ローゼンメイデン・オーベルテューレ」のTBSの地上波の放送日が決定した模様です。

CBCでは放送しないのだろうか・・・心配です。どのみちDVDは買うから良いのですが出来れば早く見たいしなぁ・・・。

あぁ、お陰でローゼンメイデンのSSが手に付かない・・・って苦しい言い訳ですね。いや大雑把なストーリーはできつつあるのですが中々お話を書くまでは行かなくて・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月22日 (日)

先ず一勝!!(プロ野球日本シリーズ)

プロ野球日本シリーズは中日ドラゴンズが先勝!!

これで今日も勝てば4-0で日本一もありうるかも?

出来ればそうなって欲しいな・・・四戦目は夜勤が無いから・・・いや夜勤のある日だと試合の途中で出勤しなくちゃならないので・・・。

ハムの選手たちは四戦目まで硬いままで居て欲しい。リラックスしてたのは新庄だけだった感じだったからね。※ハムファンの人ゴメン。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2006年10月21日 (土)

食欲の秋♪

食欲の秋という事で今回は食べ物ネタです。

49_2

上の画像は自作産卵木から生えてきたオオヒラタケのキノコです。食べ頃の大き目のキノコは収穫済みで残ってるやつも食べろのサイズになったら収穫します。

50_5

上の画像は収穫したオオヒラタケです。オオヒラタケと言うのは通称で本当の名前はウスヒラタケとかヒマラヤヒラタケといいます。

51

上の画像は収穫したオオヒラタケを親子丼の具にする為に刻んだところです。

真ん中がオオヒラタケで右がタマネギ左が鶏肉です。※絹さやえんどうなどの青物系の野菜も入れると見栄えが良くなりますが今回は無かったので省略。

52

上の画像が完成した親子丼です。写真の見栄えを良くする為に茹でたブロッコリーを添えましたが食べる時には除けました。

作ったのは一人前だけなので出汁は市販の濃縮麺つゆを薄めた物ですが親子丼の場合はやや濃い目に薄めるのがミソです。

それから卵をとじる時は卵は軽く溶くだけにして混ぜ過ぎないのがコツです。

さて今年は特に沢山の自作産卵木を仕込んで有るので、これからキノコがいっぱい生えてくるので調理方法を色々考えないといけませんね。※一応自分は「元」料理人なので料理は得意です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

羽化&蛹化ラッシュ

スマトラヒラタの羽化とフローレスギラファの蛹化がラッシュを迎えております。

スマトラヒラタは初の外産ヒラタ挑戦ですが何とか91mmを越える個体が羽化しました。

46

上の画像が今の所最大の個体ですが顎先から上翅の後端までの計測で93mm位あるのですが羽化後五日の状態で画像では分りにくいですがお尻も出っ張っているので体が完全に固まったら91~92mm位になるだろうと思います。

※蛹室を露天掘りしていたのでつい計測してしまいましたが個体に負担がかかるので計測は十分に体が固まってからにしましょう(汗

因みに使用した餌は3齢初期までKBファームのカワラ菌床で3齢初期から羽化までがKBファームのカワラMO菌床をコバエシャッター小に詰め替えたものです。

スマトラヒラタにカワラ菌床を使用してみて感じた事は意外と食い残しの菌の生きている部分が多かったので次回は通常の微粒子の物と粒子の粗いMOをブレンドして使ってみようかと思います。

その他の点で気になったのは幼虫自身が通気確保のため皮膜を齧れるように菌床を詰める時に仕切り板を使ってケースの側面に空間を開けたのですが実際に幼虫が空間のある部分の側面を齧った様子はなかったので上方と合わせた3方向に空間が空いていれば通気は十分なのかもしれません。

ただ餌の分解(消化)吸収に体内共生菌の力に頼る部分が大きい根食い系の幼虫の成長を促す為には幼虫が齧って茶色くなった部分に空気を触れさせる為に菌床の生きている部分を削ってみるというのも試す価値はあるかもしれません。

フローレスギラファ(ケイスケ亜種)は最終の幼虫体重計測が57gの個体が蛹化、最終の幼虫体重計測が65gの個体が前蛹になりました。

48_1

上の画像が最終の幼虫体重計測が57gの個体の蛹化したモノで蛹体重は36gでした。蛹の体重ははじめて量ってみましたがかなり減るもんですね。

予想羽化サイズは113~115mmくらいでしょうね。

47

上の画像が最終の幼虫体重計測が65gの個体の前蛹状態。流石に前蛹では体長の予想は出来ませんが特に暴れたりはしていないのでビークワギネスに匹敵する個体が羽化するかもしれません。

問題は両方とも瓶底に蛹室を作っているので羽化は人工蛹室になりそうです。

やはりギラファは小ケースに通気確保用の仕切りを入れた物が良いかもしれませんね。コバシャの方に入れた個体も蛹室を作ってますが丁度良い場所に蛹室を作ってます。

因みにギラファの餌はKBファームの栄養フレークEXに専用の添加剤を加えたものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月10日 (火)

近況報告

最近はあまり大きな出来事が無いので近況報告をちまちま書きます。

クワカブ関係

スマトラヒラタのオスが羽化しました。現時点で2頭羽化、蛹が4頭と幼虫が1頭残ってます。

羽化した内の1頭は蛹室の天井を露天堀してたので羽化後五日で軽くノギスを当ててみましたが89mmありそうです。

最初の1頭がこのサイズなので残りの個体が何ミリ行くか楽しみです。何とか93mmくらいのが出て欲しいですね。※現時点で特別大きな蛹は確認できていないので95mmは無理そうです。

スマトラは幼虫期間をそんなに長く取らなくてもソコソコ大きくはなるのかな?問題なのは餌がスマトラ幼虫に適した状態に出来てるかどうかか?

釣り関係

昨日の夕方に黒鯛狙いで木曽川の河口に行ってきましたがボウズ(釣果ゼロ)でした・・・orz

まぁ初めの内は仕方が無いね。次ぎは頑張ります。

アニメ関係

色々な作品が終わりましたが「うたわれるもの」は終わり方が切なかったです(T_T)。

他ではゼーーガペインが中々良い終り方でしたね。ゼロの使い魔は全体の話数が少なくて物足りなかったですが・・・終わり方自体は悪くなかったので続編に期待かな?

で新作の方ですが・・・相変わらず乱発気味で面白い作品は少ないです。

現時点で期待できそうなのはコードギアス 反逆のルルーシュくらいですね。

少し期待していたスパロボは現時点では保留です。エンディングが手抜きだからなぁ・・・。

それからローゼンメイデンのSSは・・・すんません物書きの神様が降りてこないですアニメと原作コミックスを見ながら神様が降りてくるのを待ちます。

よーするに気が乗らないだけですが・・・一旦気が乗れば一気に書き上げてしまうんですが最初の一話目が問題なんですよね・・・。

プロ野球関係

ドラゴンズ優勝おめでとう・・・スミマセン、フライングでしたね。

でもマジックが残り「1」なんだからねえ?

果たして日本シリーズの相手はどのチームかな?日ハムの方が盛り上がりそうな気もするけどソフトバンクは1999年の借りを返す必要もありそうだしなぁ兎に角楽しみですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年10月 5日 (木)

二年ぶりの獲物。

45

と云う訳で上の画像がその獲物のブラックバスです。32Cmとやや小振りですが引きはそこそこ味わえたし自作のルアーで釣ったので良しとしましょう。

しかし「釣れねぇ!」状態ですね数年前までの大流行の影響で学習能力の高いブラックバスはルアーに慣れてしまって中々反応してくれません。

いっその事海まで行って黒鯛でも狙いますかね最近は黒鯛のルアー釣りの方法も研究が進んだようで色々な釣り方が釣り雑誌で紹介されてるしバス用のタックルでも何とかなりそうなんで・・・。

それに黒鯛なら食べても美味しいし純国産種だからリリース問題で後ろめたい思いもしなくて良いしね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

チャンピオンRED増刊号「チャンピオンREDいちご」にサイカチの外伝掲載決定

チャンピオンRED増刊号「チャンピオンREDいちご」にサイカチの外伝が掲載決定しました。

今回は雑誌のコンセプトが「15歳以下のヒロインをメインとした雑誌作り」だそうで主役は御蔵あさがおさんです。

直撃!藤見軒。

次回作予定発表 カミムラ家の窓から

あさがおは空手をやってるのでその辺も生かしたお話になるのかな?しかし雑誌自体がどんなモノになるのか未知の部分が多いので怖いやら楽しみやらちと複雑な心境ですね。

| | コメント (3) | トラックバック (2)

より以前の記事一覧