2013年5月 3日 (金)

TVアニメ ローゼンメイデン キャスト決定!

超久しぶりのローゼンメイデンの記事です。

以前からTVシリーズ再始動の報は出ていましたが皆さんも気に成っていたであろうキャストも発表されました。
嬉しいことにメインキャストの変更なしです。

公式サイト

ただ大学生のジュンやキラキーが出てくる所をみるとヤンジャン連載分からリセットスタート?するようです。
アニメだけ観てて原作読んでなかった人は新アニメ見たら「ぽかーん。」状態になりそうですね(苦笑。

しかし前にssを書き終えてから約六年半か時が経つのは早いですね。当時のssの解説記事で触れていた新企画も発表する機会も無く完成から二年ほど放置していましたが現在企画展開されている「角川Twitter小説コンテスト」にて発表しましたので良かったら読んでみてください。
作品自体は「ロボット物ライトノべル」の皮を被った「人外ヒロイン物+なんでもありのごった煮ライトノべル」です(笑。
「湾岸ガーディアンズ」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月15日 (金)

雑記

まぁタイトル通り大した事は無いが適当に書き記しとこう的な記事です。

一応アクセス解析も定期的にチェックしてるのですが何時まで経っても記事別アクセスランキングの上位に「blog水夢館: ローゼンメイデン原作漫画最終回読みました。※ネタバレ注意。」がランクされるので不思議に思ってたので試しに「ローゼンメイデン 最終回」でググッてみた所…。

検索結果 約 279,000 件中 1 - 10 件目の1ページ目の上から9番目に当ブログのblog水夢館: ローゼンメイデン原作漫画最終回読みました。※ネタバレ注意。の記事が出てきました。

みんな最終回から半年経ってもあの最終回と言うか打ち切り終了に納得行ってないのかな?

そろそろ別の雑誌でタイトルをいじって再開してもいい頃だと思うのですが・・・シュゴかビローンが終わってからなのかなぁ・・・。

因みにシュゴのアニメは途中でリタイアしました・・・話はワンパターンだし絵もイマイチ好みじゃ無いし、それに原作はコミックスを買って読んでるしね。※流石に「なかよし」は買ってませんが、チャンピオンREDいちごは普通の本屋で買うのも平気だけど少女漫画誌は買うのは恥ずかしいです(汗。

それから記事別アクセスランキングの上位には「ローゼンメイデンss」も常に上位にランキングされてるので、こちらも試しに「ローゼンメイデン ss」でググッてみた所…。

検索結果 約 260,000 件中 1 - 10 件目の1ページ目の上から8番目に当ブログの「ローゼンメイデンss」が出てきます。※更に検索ワードを追加して絞込検索すれば1ページ目の一番上に来る場合も・・・。

これは正直言って嬉しいですね。検索で上位に来るのはブログの人気云々より題材の知名度や検索サイトのシステムのアルゴリズムによる所が大きいのでイコール人気サイトと言う事にはなりませんが私の書いたssが沢山の人に読まれる機会が有り得ると言うのは有り難い事です。

これがもう少し創作活動の原動力になれば良いのですが…以前書いてた企画の方はつい最近プロットを書き始めた所で全然進んでません(汗。

この調子だと詳細の発表は一年以上先になるかも…因みに題材は残念ながらローゼンメイデンでは有りません。

一つ問題なのはローゼンメイデンはドイツ語表記?の「Rozen Maiden」でググる人も居るだろうからその辺も加味するとどうなるのかですね。※今度ブログ内のリンクの表示でもいじってみます。

う~ん、しかし…今日はこれから仮眠してからカワラ菌糸の詰め替え作業を屋外でやる予定なんだけど外は雪がちらついてるんですよね今日は中止して来週に延期するかなぁ…。

折角サクラ材が入手できたので特殊実験に使用しようと思ったのに・・・。

因みにサクラ材は下記のサイトで通販しました。

きのこ栽培用原木:森のきのこ倶楽部

※コナラ材との違いは腐朽ちする早さです菌との相性や育成条件にもよりますがクワガタ幼虫に使用する菌ならサクラはコナラの二倍くらい早く腐朽します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月28日 (木)

ローゼンメイデンss第五話~最終話の解説。

ローゼンメイデンss第五話~最終話の解説です。※解説の方をサボっててすみませんでした。PSP版ディスガイアをプレイしてたのが原因です。前にチマチマやると書いてましたが面白いモンで睡眠時間削ってまでプレイしてました(汗。

では本題の解説を・・・。

第五話

・ローザミスティカの違い

ジュン達が作ったローザミスティカをローゼンが作った物より能力の低い物にしたのはローゼンと同じ物が作れるならそこで話が終わってしまうと思ったからです。

本編に当たる?TVシリーズが完全に完結してない感じだし・・・というか来年当たり第三期をやりそうだしね。勝手に終わらせるわけにもいかんでしょう。

そんな訳で雛苺は起きてる時間が短縮される事にしました。

ジュン達の作ったローザミスティカ自体の能力が低い点の原因は四大元素の他に第五の元素(萌えでは無いのであしからず・・・ってRED読んでる人にしか分らんね。)が足りない為ですが細かい所は考えては有りますが今の所秘密にしておきます。

第六話

・めぐと水銀燈

最初の予定ではめぐぎんコンビは金糸雀とみっちゃんと同じくらいの出番しか無い予定だったのですが三話の樹液を採る話を短縮してしまったのでこちらの話を拡張して全体の尺を七話で収まる様にしました。※それでも最終話はだいぶ短くなってしまいましたが・・・。

因みに三話の樹液を採る話を短縮したのは私の気まぐれです。結果的にはオリジナルのキャラとかを出さなくなったので良かったと思ってます。

・めぐの夢の中の世界

翠星石の言ってる台詞は何か根拠が有って書いたのではなく私がイメージしたものを台詞にしてみたものです。

単に調べる時間が無かったからですが・・・。

最終話

・水銀燈の変化

無印のTVシリーズと比べてトロイメントでは印象というか性格に変化のあったのが水銀燈だと思うのですがSSでは崩しすぎかなぁって感じも・・・まぁ良いか。

・主役は翠星石

のつもりで書きましたが・・・どうかな?これは人の意見も聞きたいのですが・・・。

・ラプラスの魔と謎のキャラ

私はラプラスの魔はそんなに嫌いじゃないので最後に締めていただきました。

謎のキャラはTVシリーズにもチラッと出ている誰かです。

・最後に。

この話の続きは今の所は書く予定はありませんが仮にTVの三期が来年あったとしてその三期の終わり方次第では続きを書くかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月 5日 (火)

ローゼンメイデンss第四話の解説。

ローゼンメイデンss第四話の解説です。

とはいっても今回は前回ほど解説することはないですけど・・・。

・砕いた琥珀を七粒炉に入れて結晶化

この辺は理科の実験とかから適当にイメージして考えました。

・四人のミーディアム

四大元素の力=力場?を炉に注入するのに各元素毎に一人づつ担当して貰うのが自然だろうと思い薔薇人形達と契約の切れたミーディアムも無理やり参加。

チャンネルが何たらと云うのは昔読んだオカルトの本に出てた物だと思うけどうろ覚えです。

・雛苺の復活

目覚めさせてはみたものの・・・設定面で色々不具合が出てくるよなぁ・・・此処は強引に行くしかないかな?

次のお話に絡んでくるので詳しくはかけませんが・・・。

今回は以上です。

次回はいよいよアノ薔薇人形がご登場です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

ローゼンメイデンss第三話の解説。

ローゼンメイデンss第三話の解説です。

・クヌギの古木探しは三回目

ローザミスティカの原材料は希少で簡単には見つからない物だという事を表現するための演出です。

・△山

これは記号をそのまま字に当てはめて読むとおりですが所謂日本ピラミッドの事です。

スプリガン等で世界のピラミッドの起源と言われてますが真相は?

実際には霊山として扱われている場所が多く入山が制限されてたりします。

・石段

元々は翠星石が目覚める場面を何処にするか考えてたら浮かんだのですが私の深層意識に階段ピラミッドのイメージが潜んでいたのかな?

・御神木

文字通り神社の御神木の事なのですがオオクワガタが樹液採集で毎年採れる樹も御神木と言われます。

・竜脈水脈

竜脈は風水用語で西洋で言う所のレイラインの事。水脈は地下水脈の事。クヌギの古木に更に限定条件を付ける為に設定。

一回目に行った場所は一里塚などの目印に植えられていた木なので竜脈水脈共に通っていなかった。

・ボクトウ蛾の幼虫

一般的にクヌギの木で樹液を出す虫はボクトウ蛾の幼虫が多いですが私の地元はスカシバ蛾の幼虫です(こいつらの場合は直接樹液を摂取している模様)。

見た目は気持ち悪いですが殺さない様に!折角の樹液の泉が枯れてしまいます。

・クヌギの木にもメリットはある

一般的にはクワガタの幼虫は枯れ木を食べて粉々にする分解者と解釈されていますが最近の研究ではクワガタの幼虫は体内の共生菌を利用して空気中の窒素を取り込み分解した木の中の有機窒素(アミノ酸等)の原料を増やす働きをしているらしいです。

この事が実証されればクワガタの幼虫は益虫と言う事になるのです。

関連記事

緊急指令・藤見先生の漫画のファンをブリードせよ!(スミマセンふざけたタイトルですが中身は真面目なクワカブブリードの話です。)

4月 9日 (日)の記事の補足「その三」。

・樹液を庭師の如雨露に集める儀式

儀式と言う表現だと何かおどろおどろしい気もするのですが他に適切な表現が思い浮かばない・・・。

・エレメントパワー

これも他に適切な表現が思い浮かびませんでした。

・筋肉痛

私も久し振りにルアー釣りをやったり菌糸瓶の詰め替えを大量にやったりするとなりますね。

今回は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年11月21日 (火)

ローゼンメイデンss第ニ話の解説。

ローゼンメイデンss第ニ話の解説です。

・ローザミスティカと賢者の石

原作やアニメでのローザミスティカの能力(水銀燈のミーディアムの病気を治す等)と、ありとあらゆる奇跡を起こすと言われている賢者の石の能力は重なる部分が多いので同一の物と見て問題ないと思います。

まぁ賢者の石が某映画で有名になりすぎたので意図的に名前を変えたのでしょうね。

・ローザミスティカの生成炉

これは私のオリジナルの設定です。金属を溶かす普通のルツボでも良かったのですが話をより面白くするために設定をでっち上げました。

・人工精霊の能力

この辺の設定もお話しに都合の良い様にでっち上げた設定です。

元ネタはFSSとガサラキからです。記憶のバックアップ云々はFSSのアウクソーのエピソードから、人工精霊=外部記憶ユニット→ガサラキの骨嵬(くがい)と 嵬(かい)の関係から。

・ローザミスティカの原材料

水銀・硫黄・塩はオカルト関係の本やサイトに出てくる賢者の石の作り方に出てくる物でクヌギの樹液・琥珀・処女の生血は私が考えた物です。

クヌギの樹液はストーリーにクワガタの話を絡めるために、琥珀は元々が針葉樹の樹液が化石化したものなのと比較的低温で融解するので何と無く合いそうだったから、処女の生血はアニメのローザミスティカが赤っぽい色だったから着色料として入れることに・・・赤インクや食紅ではイメージが崩れますからね。

今回は以上です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年11月12日 (日)

ローゼンメイデンss第一話の解説。

ローゼンメイデンss第一話の解説です。

冒頭にも有るように時間軸はトロイメントの直後になります。

特別編が第一期以前のお話になる様なので今回のssはトロイメントの後日談を書くことにしました。

設定とか色々とssを書くのに都合の良いように解釈してますがその辺はご勘弁ください。

・サンジェルマン ボトムズに出てくるあの方の事ではありません(笑。原作にも出てくるローゼンのもう一つの呼び名です。オカルト方面では有名な人なので検索すれば色々出てきます。

・ローザミスティカ オカルト特に錬金術関連に多少なりとも興味のある方なら察しがつくと思いますが・・・この先の話に関連するので取り合えず今回は詳しくは書きません。

・薔薇水晶のローザミスティカ? 薔薇水晶がローゼンメイデンのドールズたちに比べて感情表現が弱かったのは彼女の作られ方(ローザミスティカの有無又は完成度の違い?)に起因するのではないかと思うのですが果たして真相は?

・量産型ローザミスティカ 流石に七体のアリスはやらない予定です。

今回の解説はこんなもんです。お話の全体的なボリュームは7~10話くらいで週に一話から二話くらいで進行の予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)